宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ぼくのたいせつなひ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのたいせつなひ

  • 絵本
作: ママダミネコ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年05月15日
ISBN: 9784865490404

4.5歳から
250×220mm/32ページ

みどころ

あさ起きたら、かみのけがへんなかたち。
きょうは、たいせつな日だっていうのに!

あさごはんはトーストと目玉焼き。
でもトースターのやつったら、黒こげパンにしちゃうんだもの。
きょうは、たいせつな日だっていうのに!

でもね……、大丈夫。
とうさんが、かみのけをドライヤーでなおしてくれるし
黒こげパンのかわりにコーンフレークをもってきてくれる。
そして、お気に入りの上着のぶらぶらボタンをつけなおしてもくれる。
「おとこは これくらい できないとな。」って。
とうさん、すごい!

ぼくらは上着を着て、お花を買って
おいしいプリンを買って、でかける。
どこへ……?

さあ、どこだと思いますか?
答えは、かあさんがいる病院!
病室をドキドキしながらのぞく、ぼく。
かあさんの腕の中にいたのは、
ぼくの、おとうとだったのです!

きょうが、たいせつな日なのは、
おとうとがうまれた日だから。
ぼくが、おにいちゃんになった日だから。
“おにいちゃんになったからへいきさ”
“がんばるんだ!”と、少しはりきる子どもの気持ちと
口には出さないけれど、“がんばろうな”とでもいうように
そっとよりそう、とうさんの姿がすてきな絵本です。

家族がふえた、その「たいせつな日」を、
子どもは、子どもなりの思いで、
せいいっぱい晴れがましく受けとめていることが
すがすがしくつたわってくる絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

ぼくのたいせつなひ

出版社からの紹介

「大切な日」をキーワードに、家族のつながりを思うお話

朝起きたら髪の毛は変な形で、パンを焼いたら真っ黒焦げで、お気に入りの上着のボタンはとれかかってる。今日は大切な日だっていうのに!でも、お父さんが僕の髪にドライヤーをあてて、コーンフレークをもってきて、上着のボタンも付け直してくれたよ。それから、お父さんとぼくはお出かけ。途中でチューリップとプリンを買って、向かったのは病院。今日は、お母さんと生まれたばかりの弟に会えるんだ!

「大切な日」とはどんな日なのか、読者が想像しながら読み進められるお話です。「ぼく」にとって、それは新し家族ができたうれしい日であると同時に、お父さんとの絆をより一層深めた日でもあるのです。

ベストレビュー

弟誕生♪

とうさんと僕が協力してわくわくしている様子が伝わってきます。今日は、弟が生まれて病院にあいにいくとても大切な日、おにいちゃんになった喜びが素直に表現されています。くろこげパンになったのをトースターのせいにしてるけど(笑)目玉焼きは、上手く焼けてるなあと感心しました。かあさんに朝の出来事を楽しく話す僕は、嬉しそうで新米パパがだいちゃんを抱く姿も微笑ましい♪二人目でもやっぱりおんなじだね♪幸せな家族像を眺めて読んでいても幸せになれました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

ママダミネコさんのその他の作品

はっけん!ことばあそびの あっ! / はっけん! まちの あっ! / はっけん! がっこうの あっ! / どっちかな? / はみがき、きらい? / わたしはあみちゃん



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

ぼくのたいせつなひ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット