話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
ねずみくんとおんがくかい

ねずみくんとおんがくかい

  • 絵本
作: なかえ よしを
絵: 上野 紀子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,100

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1987年11月
ISBN: 9784591024034

対象年齢 幼児向け
24.5cm x 21.5cm 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

○あらすじ
ペンギンさんが、「ぼくのおんがくかいでトランペットをふいて」と、ねずみくんにたのみました。でも、ねずみくんが、がんばってもトランペットがふけません。
そこでねずみくんは、ねこくんのシンバルと、とりかえてもらおうとたのみましたが、「きにいっているからだめ」とことわられてしまいます。
たぬきさんのたいこも、ライオンさんのバイオリンも、くまさんのハープも、みんなねずみくんにはできません。ぞうさんの、おおきなグランドピアノも・・・。ところが・・・!
だいじょうぶ、ねずみくんは、ちゃんとおんがくかいにさんかできましたよ。

○編集部より
どうぶつたちの個性を生かした展開はおなじみですが、ちいさいねずみくんが、おおきなグランドピアノをひけるなんて、思っただけでうれしくなってしまいます。
音楽が聞こえてきそうな楽しい作品です。

ベストレビュー

ねずみくんにあった楽器は何?

ペンギンくんが音楽会をすることになり、ねずみくんはトランペット担当となりました。でも、なかなか吹けません。そこでほかの友だちに楽器を変えてもらおうと聞いてまわるお話です。ねこくんはシンバル。「とりかえてよ」というといじわるねこくんはシンバルを思いっきりならしていじわるをしました。次はたぬきくんのたいこ、てながざるのアコーディオン、ライオンのバイオリン等小さいねずみくんには扱えない楽器ばかり・・・。困っているとピアノ担当のぞうさんが手が大きいのでピアノが弾けなくて困っていたのです。そこで、ねずみくんはぞうさんと楽器をとりかえっこしてピアノを踊りながら弾いたのでした。そして無事に音楽会ははじまりました。いじわるねこくんは意地悪く、ライオンは強く、ぞうさんは太い声で読んであげたら喜びました。

(たまっこさん 30代・ママ 男の子5歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

なかえ よしをさんのその他の作品

ねずみくんのピッピッピクニック / ねずみくんはめいたんてい / ねずみくんの絵本(既刊36巻) / ねこのジョン / ことりとねこのものがたり / ねずみくんの LUNCH BOX

上野 紀子さんのその他の作品

ねずみくんのうんどうかい / ねずみくんといたずらビムくん / こころの絵本 The Picture Book of Cocoro / ねずみくんとおばけ / ちっちゃな ねずみくん / ねずみくんのチョッキ コラボソングCDつき絵本


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ねずみくんとおんがくかい

性被害から自分を守るための絵本『パンツのなかのまほう』なかがわさやこさんインタビュー

ねずみくんとおんがくかい

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット