なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
けんかともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

けんかともだち

  • 絵本
作: 丘 修三
絵: 長谷川 知子
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「けんかともだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年04月15日
ISBN: 9784790252870

4歳から
263×213mm/28ページ

みどころ

二人の男の子、かんたとつよしが積み木で遊んでいます。
「たかーいビルをつくろうよ」
つよしが先に積み木を置いていいました。
かんたも賛成して「ホイ」「ほい」と交互に積み木をのせていきます。
楽しく積み上げていた二人ですが、次第にビルは高くなり、とうとうかんたの番になったとき、どうやっても倒れてしまいそうになり……。
なかなか一番上にうまく積み木をのせられないかんたは、イライラして思わず「やーっ!」とビルを壊してしまいます。
おまけに「なにするんだよお」といったつよしの頭をコツンとたたいてしまい……!?

あれれ、どこかで見たことがあるようなけんか。
「もうぜったいあそばない!」「いいよーだ。おまえなんか、あそんでやんなーい」
なんて、子ども同士のよくある風景ですよね。
むしゃくしゃする気持ちを持て余して、いっしょに遊んでいるものを壊して、「ぜっこうだ」なんて思わずいっちゃって……。
でも……、仲良しのともだちと遊べなくなるのって、さみしい。
かんたくんとつよしくん、どうやって仲直りするのかな?

丘修三さんのまっすぐな文章と、長谷川知子さんの子どもらしさいっぱいの絵が、いきいきと子どものけんかを描きます。
けんかしても大丈夫、みんなけんかするんだよ、と、この絵本をいっしょに読むことで、子どもたちを安心させてあげたくなります。
些細なことでけんかをしても、根にもつことはなく、ぶつかりあって仲よくなっていく子どもたちの姿に、なんだか元気をもらえる一冊です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

つんたとかんたは仲良し。いつもは楽しく遊ぶのですが、今日はなにやら雲行きがあやしくなってきました…。友情を描いた一冊。

ベストレビュー

リアルなケンカ

いわゆる生活童話絵本です。
長谷川知子さんの絵は、
子どもの気持ちに寄り添うような雰囲気なので
人間の生活が直接的に描かれた絵本でも
違和感がなく、すんなりと共感できると思います。
けんかする過程も、なかなおりする過程も、
そんなことはないだろうというようなつっこみどころもなく、
安心して読める内容でした。
年中・年長、一年生くらいまで対応できると思います。
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


丘 修三さんのその他の作品

太一さんの戦争 / 黒ねこガジロウの優雅な日々 / 希望の筆 ダウン症の書家・金澤翔子物語 / ラブレター物語 / 偕成社文庫 少年の日々 / ブンタとタロキチ

長谷川 知子さんのその他の作品

ひをふくやまとあおいぬま / ポプラ世界名作童話(26) クリスマス・キャロル / おてつだいおばけさん / どーだっ! / 子ヤギがうまれたよ! / ハッピー、ラッキー ヤギダンス



『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

けんかともだち

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 1
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット