虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ちっちゃな サリーは みていたよ ひとりでも ゆうきを だせたなら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちっちゃな サリーは みていたよ ひとりでも ゆうきを だせたなら

  • 絵本
作: ジャスティン・ロバーツ
絵: クリスチャン・ロビンソン
訳: 中井はるの
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ちっちゃな サリーは みていたよ ひとりでも ゆうきを だせたなら」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年04月09日
ISBN: 9784265850815

5、6歳〜小学校高学年
265×215mm/32ページ

みどころ

つめたい ことばは、
こころを きゅんと ちいさくするよ。
まるで ブルドーザーに 
ふみつぶされた はなみたい。


誰かの悲しい顔は見たくないよ。
誰かの悪口をいったり、いじわるな目で見たり。
なのに、だれもかれもしらんぷり。
本当にそれでいいのかな?

クラスで一番ちっちゃくて、存在感のない女の子、サリー・マクビー。
いじめたり、いじめられたりしないけどずっとずっとクラスのみんなを見ていた女の子です。
クラスの中心から離れたところにいた彼女は、誰よりも冷静に現実を見つめて、みんながハッピーになるためにはどうしたらいいのだろうと考えていました。

ある日、クラスの問題を解決するためにちっちゃなサリーが立ち上がります!
勇気をふりしぼって。みんなが集まる給食の時間に。
こわかっただろうと思います。不安だったろうと思います。
でも、サリーだけじゃなかったんです。
みんな同じ気持ちだったのです。

今回が初めて、絵本の物語を作ったジャスティン・ロバーツさん。
子どもたちのための音楽を作曲している、アメリカで活躍中のミュージシャンです。ロバーツさんは言います。大人は子どもがファンタジーの世界に住んでいると思い込んでいるけれど、実は誰よりも現実をシビアに見ていて、子どもなりに問題を解決しようとしているんだと。その代弁者でもある、絵本の中のちっちゃなヒロイン、サリーに命を吹き込んだのは、イラストレーターのクリスチャン・ロビンソンさん。
シンプルで軽快な色使いの中に、決して可愛らしいだけではない、日々揺れる子どもたちの繊細な気持ちがよく表現されています。そして、『グレッグのダメ日記』(ポプラ社)でも翻訳を手がけている中井はるのさんの、子どもの気持ちを包み隠さずひろった的確な日本語が胸に刺さります。

「わたしに さんせいするこは てをあげて!」
一人でも感じていることを正直に言える勇気。
そして同じことを感じていたらそれに素直に賛同できる勇気。

いろいろな勇気を教えてくれる絵本です。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

一年生で一番小さい女の子、サリー。友達のいじめや捨てられた物などを見て心を痛めますが、周りは無関心。本当にそれでいいの?ある日、サリーは立ち上がります。

ベストレビュー

シンプルで分かりやすい

「いじめ」というほどのはっきりとしたものではないけれど、
友達にちょっといたずら気分でいじわるしたり、八つ当たりされたり。
みんなは見ていないフリをしているけれど、見てしまった時は心が痛い。

そのままでいいのかな?

とてもシンプルな言葉で問いかけるこのお話は、とても分かりやすく子供の心に届くのではないかと感じられました。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


クリスチャン・ロビンソンさんのその他の作品

アントワネット わたしのたいせつなさがしもの / がっこうだって どきどきしてる / おばあちゃんと バスにのって / ことりのおそうしき / ガストン / おじさんとカエルくん

中井 はるのさんのその他の作品

ドッグマン / 39階だてのツリーハウス / なにして あそぶ? (first imagination) / みんな おやすみなさい (first imagination) / だいすき すき (first imagination) / グレッグのダメ日記 さすがに、へとへとだよ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

ちっちゃな サリーは みていたよ ひとりでも ゆうきを だせたなら

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット