そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
うそつきとどろぼうとせいぎのみかた
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うそつきとどろぼうとせいぎのみかた

  • 絵本
作: 板橋 雅弘
絵: 竹内 通雅
出版社: WAVE出版

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「うそつきとどろぼうとせいぎのみかた」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ともだちを まもるため ボクは いっしょうけんめい ウソをつく!
「本当のやさしさ」を子どもと一緒に考えるための絵本

主人公の「ぼく」は、小学生の男の子。ある日、ママに隠れてこっそりケーキを食べ、怒られてしまいます。学校に行くと、お金持ち&いじめっ子の小金沢さんが、海外旅行に行ったと自慢しています。そして、いつも暗くて大人しい「おにやまさん」を指差して、「どうせどこにも行かなかったんでしょ!」と馬鹿にします。「おにやまさん」は旅行に行ったのに、信じてもらえません。馬鹿にされている「おにやまさん」を見て、「ぼく」は友達を守るため、ママに「ダメ!」と言われていたウソをついてしまいます。そして……。

ベストレビュー

良い嘘と悪い嘘

お母さんについた、他愛のない嘘。
お友達のためについた、勇気ある嘘。
いろんな嘘があるというのを子供にも分かりやすく描いていると思います。

ただ、誰かのために嘘をつくのは、
その人を傷つけるかもしれないし、ずっと嘘をつき通すのも結構大変なのだということも、もう少し踏み込んで表現があるといいかなと思いました。

(hime59153さん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • よるのねこ
    よるのねこ
    作・絵:ダーロフ・イプカー 訳:光吉 夏弥 出版社:大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
    じゃあ、よるは? ねこのよるってどんなかな?

板橋 雅弘さんのその他の作品

パパはわるものチャンピオン / ぼくはまいごじゃない / パパはわるものチャンピオン / とびだせ!チンタマン 〜こども てんさい きょうしつ〜 / とびだせ! チンタマン / パパのしごとはわるものです

竹内 通雅さんのその他の作品

ながぐつをはいたねこ / あいたくなっちまったよ / へんてこレストラン / ぶきゃぶきゃぶー / ぐるぐるぐるぽん / じごくのさたもうでしだい



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

うそつきとどろぼうとせいぎのみかた

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット