季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
風のヒルクライム ぼくらの自転車ロードレース

風のヒルクライム ぼくらの自転車ロードレース

  • 児童書
作: 加部 鈴子
絵: 小林 系
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年05月31日
ISBN: 9784265057870

小学校高学年
判型:4-6/176ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

13歳の誕生日にロードバイクを父から贈られた涼太は勢いでレースに出ることに。選手達はそれぞれ人生模様も乗せてゴール目がけて山をかけ上がる。爽快、自転車疾走小説!

ベストレビュー

達成感と、楽しさと、勝負と。

 中学一年生の涼太は、誕生日に父親からロードバイクをプレゼントされ、なりゆきでヒルクライムのレースに出ることになった。レースに参加している彼と彼をとりまく人々の心の中の声が、一人づつ章ごとに語られる。

 親子関係、夫婦関係、ロードバイクへの想い。様々なものを絡ませてながらみんな走る。参加することでそれぞれに気づきが生まれ、変化があった。つまり中学生も大人も成長した。そして、どうやら恋も生まれたらしい。学ランの彼、お相手はきっとあの人・・・。(白い通学用ヘルメット、黒い学ラン、ママチャリで参加する高校生がユニークでした)

 ロードバイクで山を登るレースは、想像以上にキツイ!読みながら私も作中の人々と一緒にしんどいことをやり遂げた達成感を得た。そして、読後は、新たに何かに挑戦したいような気分になった。

 身近でないスポーツにふれることができ、楽しく読める。中学生におすすめ。
(なみ@えほんさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


加部 鈴子さんのその他の作品

本能寺の敵 キリサク手裏剣

小林 系さんのその他の作品

ポシーとポパー ふたりは探偵 魔界からの挑戦 / スポーツのおはなし(サーフィン) ぼくらの波を走る! / とうふやのかんこちゃん / タイムストーリー 5分間の物語 / 小林系 作品集「notebook 2014」 / くらいところからやってくる


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 日本文学、小説・物語 > 風のヒルクライム ぼくらの自転車ロードレース

『あっぷっぷのぷ〜』 すずきまみさんインタビュー

風のヒルクライム ぼくらの自転車ロードレース

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット