新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
ミイのおはなしえほん ちびのミイのおひっこし?

ミイのおはなしえほん ちびのミイのおひっこし?

  • 絵本
原作: トーベ・ヤンソン
文・絵: リーナ&サミ・カーラ
訳: もりした けいこ
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年05月30日
ISBN: 9784198639495

5歳から
B4判mm/32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

人気者のミイが主人公「ミイのおはなしえほん」シリーズから二冊目の絵本です。
前回のおはなしで、ムーミン屋敷に住むことになったちびのミイ。今回の絵本では、その続きからのおはなしになります。

すっかりムーミン屋敷を気に入ったミイは、相変わらず自分のすきなことをやりたい放題。毎晩、大好きなムーミントロールの部屋にきては、おおあばれして散らかします。そのせいで、ムーミントロールは寝不足です。ミイに注意してもやめる気はさらさらないようなので、ムーミントロール自身がムーミン屋敷をでようと決意します。すると、ミイがこういうのです。
「じぶんで、いえを たてちゃえば いいのよ!」
えっ!?ミイのせいでこうなってるのに、なんて自分勝手な。いいえ、それをきいたムーミントロールはすかさずこう答えます。
「それは めいあんだ!ぼくのいえかあ」
ふたりはムーミントロールの家をつくるために、家を建てる場所をさがし、建材をあつめて特別な家をつくりはじめるのです。もちろん、無計画にはじめたものですから、作業をすすめるたびに問題がおきるのは当たり前。でも二人はやっぱりマイペース。いつもの調子で愉快なやりとりが続きます。さらにフローレンまで加わって、三人の家づくりはどんどん思わぬ方向にすすんでいくのですが・・・。

ムーミン・キャラクターズ社の公認画家でもある作者のリーナ&サミ・カーラ夫妻が贈るこのシリーズでは、ムーミン一家の新たな魅力に出会うことができます。今回も北欧ならではの美しい色彩の中で繰り広げられるユーモアたっぷりのおはなし。登場人物たちの大らかな対応になんだかこちらも笑いながらのんびりしてしまいます。おはなしの展開も二転、三転するので、最後まで目が離せませんよ。でも、結局のところ、ミイはどこに住むことになったのかしら...。
その答えは、絵本の中で見つけてくださいね。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

ちびのミイが、毎晩部屋にきて大さわぎするので、ムーミントロールはよくねむれずにいます。おこっても、ミイはでていきません。そこで、ムーミントロールは、自分だけの家をたてることにしました。でも、土台作りも、木を切るのも、なかなかうまくできません。いろいろ失敗もありましたが、フローレンの協力もあって、みごと、ムーミントロールの家ができあがりました! 完成いわいのパーティに招待したのは…? ミイのおはなしえほん第二弾です。

ベストレビュー

何があっても超☆前向き

あのちびのミイがムーミン屋敷に同居すことになった。夜中に大騒ぎをするので、被害者のムーミンは連日の寝不足。とうとう家をでていこうとすると、ミイは「自分の家を作っちゃえばいいのよ」と…スゴイ提案。自分の勝手な行動の数々は全く気にせず、無責任発言。
それを真に受けて、本当に家を建て始めるムーミンもスゴイ。意外と気が合うのかも。

その後のめちゃくちゃな展開は、是非とも本書を見て欲しい。人間だったらいくつくらいの年齢かわからないが、おそらく未成年のような気がする少年(仮)ムーミンが、わけもわからず、情熱だけで材料を集め、家を建てる。もちろん大工の経験などない。アドバイザーは、例によってミイ。何ができあがるのやら、はじめから不安な展開。もう、こんな人生はギャグ。

更にマイペースで能天気なフローレンが絡まる。ムーミン谷の住人は、普通の感覚の人がいない。みんな独自路線で後先考えず驀進する。この破壊力、このパワー。だれでも極めて行動的で積極的。

なんだか、ちまちまと生活の事を考えて、スーパーの食品を買うのに数十円の値段の差を死ぬほど大袈裟に考えている自分がバカに思える。どうやったって、なるようにしかならないなら、この連中のようにもっと人生を楽しんでみてはどうだろうか?

子どもが読んでも楽しめるけど、もちろん年齢問わず楽しめる作品だと思う。強烈なギャグとユーモア、皮肉が含まれて、毒にも薬にもなりそうな絵本だ。
(渡辺諦さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぼくの席がえ
    ぼくの席がえ
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    海くんのことは、まだよく知らないのに、席がえでとなりの席になって……。

トーベ・ヤンソンさんのその他の作品

ムーミン全集 新版 全9巻BOXセット / ムーミン谷の名言シリーズ(1) スナフキンのことば / ムーミン全集 新版(9) 小さなトロールと大きな洪水 / ムーミン全集 新版(8) ムーミン谷の十一月 / 英語対訳 ムーミン・コミックス / クラシック・ムーミン童話 ムーミン谷のおはなし

リーナ&サミ・カーラさんのその他の作品

ミイのおはなしえほん ちびのミイと おかしなこづつみ / ミイのおはなしえほん ちびのミイ、かいぞくになる? / ムーミンママのハンドバッグ / ミイのおはなしえほん ちびのミイがやってきた! / ムーミンのさがしもの


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ミイのおはなしえほん ちびのミイのおひっこし?

カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

ミイのおはなしえほん ちびのミイのおひっこし?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット