新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
あかちゃんごきげん しゃかしゃか

あかちゃんごきげん しゃかしゃか(くもん出版)

赤ちゃんがだいすきなラトルと絵本が合体した、はじめてのラトル絵本! プレゼントにぴったりです。

  • かわいい
  • ギフト
ポルカとオルタンスのだいぼうけん

ポルカとオルタンスのだいぼうけん

  • 絵本
作: アストリッド・デボルド
絵: マルク・ブタヴァン
出版社: ロクリン社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り7

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年06月
ISBN: 9784907542184

AB判 上製 28ページ

みどころ

色彩にあふれた、おしゃれなフランスの翻訳絵本『りすのエドモン』の続編です。
といってもストーリーは、またべつのお話。
主人公はポルカとオルタンス。二人のねずみの女の子です。

ある夏の朝、白いねずみのポルカは、おひさまがのぼるずっと前に飛び起きると、友だちのオルタスの家へむかってかけ出しました。
「おきて、オルタンス! きょうはぼうけんするひだよ!」
ポルカとオルタンスは、だれもいったことがない、山の頂上までいこうと決めていたのです。
地図をみても、山の向こう側がどうなっているのか、描かれていないのでわかりません。
知らない場所にいったらどうなるかわからないから、みんなこわがっています。
そんなところへ、ポルカとオルタンスは本当に行くのでしょうか。
行ってみたところで、そこには何があるっていうんでしょう?

ポルカとオルタスに「いっしょにいかない?」と誘われたエドモンも、あんなに遠い大きな山までわざわざ行く意味がわかりません。
あなたは、どう思いますか?

見どころは、出発してからドクン、ドクン、とどこかで何かが音をたてていることに、二人がそれぞれ気づく場面。
ポルカも、オルタンスも、最初はわからないけれど、音が自分の中から聞こえてくるのだと気づきます。
はじめは気乗りしないオルタンスが「よし、ゆうきをだそう!」と決心する場面。そして自分のちからで頂上をめざそうと決心する場面が、かわいらしいイラストとともにしっかり描かれます。

哲学的な気づきと、美しい絵が魅力的な絵本。
幼い子だけでなく、小学生の子どもたちの心にも十分訴えるものがある絵本ですよ。
ポルカとオルタス、二人の家のインテリアや持ち物、道ばたの草花、茜色の夕焼け……。細部までイラストは見どころ満載です。
見返しに描かれた草花が、絵本の中のどこに出てくるか、さがしてみてくださいね。
年齢問わず多くの人に楽しんでもらいたいお話絵本です。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

ある日、おとなしいオルタンスは活発なポルカに、
遠くに見える誰も登ったことのない山のてっぺんに行こうと誘われます。
ドキドキしながら山を登っていくと突然岩が崩れ、ポルカはケガをしてしまいました…。
オロオロするオルタンス。でもポルカとの約束を果たすために
勇気をふりしぼり、ひとり山のてっぺんに向かうのでした。

臆病で内気なオルタンスが勇気をもって一歩を踏み出した時、彼女の中で何かが変わっていきます。
優しい筆致と鮮やかな色使いで描かれた、心の成長の物語です。

ベストレビュー

友達

ポルカとオルタンスが、誰も行ったことがない遠くにそびえる山の頂上まで、冒険することにしたので、夜明け前から出かけました。ちょっと臆病なオルタンスですが、ポルカが崖から落ちて怪我をしたので、一人で頂上まで目指しました。オルタンスは、”とびっきりの友達がいるとなんでも乗り越えられるんだ”とポルカに感謝しました。りすのエドモンが、ポルカを籠に入れてやってきた時には、びっくりしたし、感動もしました。お友達って、いいなあって思いました。色彩が鮮やかでとても綺麗な絵もよかったです。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

アストリッド・デボルドさんのその他の作品

ママの小さなたからもの / りすのエドモン

マルク・ブタヴァンさんのその他の作品

いちにちで いいから / ム−クせかいをひとまわり / シナモンと南の島のこどもたち / カバくんのおしり / シナモンとまいごのこいぬ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > ポルカとオルタンスのだいぼうけん

今月の新刊&オススメ絵本情報

ポルカとオルタンスのだいぼうけん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット