いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
「泣きやんだ!」「喜んでる!」 ママパパも大喜び! シリーズ累計185万部の大人気ロングセラー赤ちゃん絵本
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
岩波少年文庫 走れ、走って逃げろ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岩波少年文庫 走れ、走って逃げろ

  • 児童書
作: ウーリー・オルレブ
訳: 母袋夏生
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥720 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年06月16日
ISBN: 9784001146141

中学以上
小B6判・並製・カバー・304頁

出版社からの紹介

第二次世界大戦下、壮絶な運命を生き抜いた少年の体験を聞いて、オルレブが物語としてまとめた作品です。

ポーランドでは、ナチス・ドイツによるユダヤ人迫害の嵐が吹き荒れていました。少年スルリックは、ゲットー(強制居住区)のなかで家族とはぐれてしまい、一人で壁の外へ脱出します。

ところが、わずか8歳の少年を待っていたのは、つねに危険と背中あわせのサバイバル。あどけない笑みの持ち主は、ユレクというポーランド人の名前を名乗り、キリスト教徒のふるまいをおぼえ、森と農村を放浪します。

過酷な月日のなかで、さまざまな知恵や技術を身につけ、ときには友情を育みますが、ついには事故で片腕を切断、いつのまにか過去の記憶も失ってしまいます。

どんな状況のなかでも前向きに生きようとする少年。その勇気に心を激しくゆさぶられると同時に、戦争は恐ろしさについて考えさせられる一冊です。

本書を原作とした映画『ふたつの名前を持つ少年』(ドイツとフランス合作)が、2015年8月15日より公開されます。

ベストレビュー

逃げて 逃げて 逃げて

何とも壮絶なお話です。
背景に実在の人物がいると知って、驚きとともにいたたまれない気持ちになりました。
ドイツ兵から逃れるために、必死なスルリックは、家族を失い、仲間を失い、名前も失い、右腕も失いました。
絶望とギリギリのところで、逃げて逃げて逃げて、走って走って走って、懸命に生きようとした少年が十歳に満たないなんて、信じられない生命力です。
多くの出合いが、少年を落とし入れたり助けたりするところは、運命だったのでしょうか。
ともあれ、生き延びることができたから、この物語があるのでしょう。
緊迫感から解放されたラストシーンまで、一気に読んでしまいました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ウーリー・オルレブさんのその他の作品

太陽の草原を駆けぬけて / 遠い親せき / くじらの歌 / おしゃぶりがおまもり / 走れ、走って逃げろ / ちいさいおおきな女の子

母袋夏生さんのその他の作品

岩波少年文庫 お静かに、父が昼寝しております ユダヤの民話 / 父さんの手紙はぜんぶおぼえた / 羽がはえたら / かようびはシャンプー



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

岩波少年文庫 走れ、走って逃げろ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット