新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
わたしが外人だったころ

わたしが外人だったころ

  • 絵本
作: 鶴見 俊輔
絵: 佐々木 マキ
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年05月15日
ISBN: 9784834081688

自分で読むなら・小学中学年から
26X20cm 40ページ

出版社からの紹介

戦時中アメリカにいても日本にいても、自分を外人だと感じた著者。ただ、その頼りない気分が、今の自分を支えているという。そう、本当はだれも外人なのではないだろうか。

ベストレビュー

自分のこととして理解したい

文章も長く、内容も難しいので
正直幼児や低学年向きではなかったと思います。

でも、今、日本語学校で働いている身としては、
この外国人という視点は
日々感じているし、できるだけ他人事としてではなく
自分のこととして理解したいと思っていたので
鶴見さんの特に最後の言葉は
心にしみました。

子どもにももう少し大きくなってから
再度読んでみたいです。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


鶴見 俊輔さんのその他の作品

大切にしたいものは何?

佐々木 マキさんのその他の作品

オオカミの時間 今そこにある不思議集 / 10にんのせんにん / 偕成社の新刊絵本セット 2020 / あやしい ぶたのたね / いないいないばあさん / グドーさんのおさんぽびより


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 哲学 > わたしが外人だったころ

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

わたしが外人だったころ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット