貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
わたしが外人だったころ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

わたしが外人だったころ

  • 絵本
作: 鶴見 俊輔
絵: 佐々木 マキ
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年05月15日
ISBN: 9784834081688

自分で読むなら・小学中学年から
26X20cm 40ページ

出版社からの紹介

戦時中アメリカにいても日本にいても、自分を外人だと感じた著者。ただ、その頼りない気分が、今の自分を支えているという。そう、本当はだれも外人なのではないだろうか。

ベストレビュー

日本人ということ

佐々木マキさんの絵ということで手にした本ですが、私のイメージする佐々木マキさんが別の人になっていました。
鶴見俊輔さんが、太平洋戦争を挟んで、日本人であることについて、感じたことが綴られています。
戦争が始まるまでは、留学生としてアメリカにいた筆者は外人という排他的な意識から解放されていたのです。
戦争が始まり、敵国の人間として外人扱いが始まってから、筆者は日本人であることを意識させられます。
交換船に乗って日本に戻った筆者は、日本人として敵国の外人と戦うことになります。
ここでいう外人は人間ではないのです。
筆者の経験談は、重要な人間認識として受けとめました。
子どもたちはどの様に受けとるのでしょうか。
佐々木マキさんの絵も素敵でした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ぽっぽこうくう
    ぽっぽこうくう
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    ハトの飛行機ですてきな冬の旅を! 乗り物好き・虫好き・旅行好きにおススメの楽しい絵本です。
  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

鶴見 俊輔さんのその他の作品

大切にしたいものは何?

佐々木 マキさんのその他の作品

グドーさんのおさんぽびより / 不思議の国のアリス・鏡の国のアリス 限定版2冊BOXセット【特典ポストカード3枚付き】 / 鏡の国のアリス / へろへろおじさん / あおいともだち / あかいけいと



『おやすみヨガ』いとうさゆりさんインタビュー

わたしが外人だったころ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット