あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
ボルネオでオランウータンに会う
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ボルネオでオランウータンに会う

  • 絵本
文: たかはし あきら
絵: おおとも やすお
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年05月25日
ISBN: 9784834081749

読んであげるなら・ 5・6歳から
自分で読むなら・ 小学低学年から
31X23cm 40ページ

出版社からの紹介

研究者といっしょにジャングルに行ける!勇んでボルネオにやってきた少年の視点で描くジャングルの自然、生きもののつながり、そして念願のオランウータンとの出会い。

ベストレビュー

一緒に体験している気持ちになれる!

10歳の息子と読みました。
息子の友人のお父さんがボルネオに赴任したのをきっかけに
「ボルネオってどんなところだろうね」と手に取った一冊。

息子は、「こんな体験スクール、ちょっと楽しそうかも!」なんて
意外とノリノリでした。
4泊の体験スクール、海外のお友達や高校生、中学生のお兄さんお姉さん、看護師さんに先生もまじって、
本当に体験スクールを体験している気持ちになれます。
特に息子は食事や宿舎のベッドの様子がとても気になったようです。

さて、本題のジャングルの方は、
動物、動物、動物、虫、虫、虫といった感じで、
虫が苦手な私はちょっとこの体験は無理だなぁと思いました。

そしてようやく最後に見ることができたオランウータン。
ケンタの感動がとっても伝わってきます。
最後の日は、仲良くなった仲間たちと別れるのが、
なんだか私たちまで寂しくなって・・・。
ケンタの将来の姿(夢)にも、ジーン。

長い絵本でしたが、飽きることなく楽しめた一冊でした。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かわうそモグ
    かわうそモグの試し読みができます!
    かわうそモグ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    モグとアオメは、カワウソの兄弟。ウナギを食べようと女の子に変身したモグですが…。

たかはし あきらさんのその他の作品

七人のサンタの物語

おおとも やすおさんのその他の作品

ごろべえ もののけのくにへいく / ハワイ島のボンダンス / いちばんでんしゃの うんてんし / ぼくのママはうんてんし / いちばんでんしゃの しゃしょうさん / ぼくのママが生まれた島 セブ―フィリピン



『ダム・キーパー』トンコハウス 堤大介さん インタビュー

ボルネオでオランウータンに会う

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット