ロングセラー
どんぐりむらのいちねんかん

どんぐりむらのいちねんかん(学研)

プレゼントキャンペーン〆切迫る!あたらしい年に読みたい1冊!

  • 学べる
  • 役立つ
季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
北国からの動物記(8) エゾリス

北国からの動物記(8) エゾリス

  • 絵本
文・写真: 竹田津 実
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年06月25日
ISBN: 9784752007210

4〜5歳から
40ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「エゾリス」は、耳のふさふさとした毛がとても愛らしく、ニホンリスよりもひとまわり大きいサイズのリスです。まるで人間のように、ちょっとおどけたチャーミングな表情やポーズ。

この絵本に登場するエゾリスたちが野生なんだという事実も忘れてしまうくらい、その暮らしぶりを家族のように、そして長年の友人のように見つめた貴重な写真と記録。お話は、赤毛の美しい「アカ」を母にもつ「アカキチ」とその家族を中心に、北海道の四季を通じて、懸命に命をつなぐエゾリスたちの本当の「生きる」を伝える写真絵本です。

作者は、獣医師で写真家の竹田津実さん。
北海道の森の診療所で、傷ついた野生動物の保護や治療を行いながら、キタキツネの調査を続けていらっしゃいます。映画にもなった『キタキツネ物語』『子ぎつねヘレンがのこしたもの 』などをはじめ、これまでも北海道に生息する動物たちを厳しく優しい眼差しで見つめ続けた写真集、エッセイ、絵本などを出版されています。
「北国からの動物記」シリーズの中で、8冊目となる今作の舞台は、竹田津さんの治療を受け、退院していった患者(動物たち)のために用意している庭や裏山にある給餌台。その給餌台にやってくる森のお客さんの一人だったのが、「アカキチ」です。読んでいるうちに、庭を歩く竹田津さんの背後から忍び寄って飛びついたり、外にいないと仕事場の窓まで様子を見にやって来るアカキチにすっかり夢中。
4年の歳月にわたり追い続けた一匹のエゾリスの一生に触れることができます。

是非、シリーズを通して読んでみてください。命って素晴らしいなと思います。

(富田直美  絵本ナビ編集部)

北国からの動物記(8) エゾリス

北国からの動物記(8) エゾリス

出版社からの紹介

家にかよってくるようになった、子リスのアカキチ。
たくましく成長し、その子どもがまた育っていく様子から、4年にわたるリスの生活を美しい写真と温かな文で紹介。
竹田津さんは、アカキチの最後をみとることになる。

ベストレビュー

北海道に行ってみたくなりました

竹田津実さんが『子ぎつねヘレンがのこしたもの 』の獣医師で
写真家だとは知らず、この絵本を読みました。

写真絵本ですが、文量も多いです。

でも、エゾリスの生態が面白く、
特に「アカキチ」とその家族のことが気になり、
まるでTVの「ダーウィンが来た」のように
子どもたちも集中して聞いていました。

エゾリスの人懐っこさ、
とてもかわいかったです。
北海道に行ってみたくなりました。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


竹田津 実さんのその他の作品

北国からの動物記(10) ヒグマ / 森の診療所ものがたり〜カモの子がやってきた〜 / 北国からの動物記(9) クマゲラ / キタリス・ウーと森のお医者さん / 恋文 ぼくときつねの物語 / 北国からの動物記(7) タヌキ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 生物学 > 北国からの動物記(8) エゾリス

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

北国からの動物記(8) エゾリス

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット