新刊
ともだち いっしゅうかん

ともだち いっしゅうかん(偕成社)

人気シリーズの番外編! リズムにあわせて楽しく読んでください♪

  • かわいい
  • ためしよみ
恐竜トリケラトプスとテリジノサウルス

恐竜トリケラトプスとテリジノサウルス

  • 絵本
作・絵: 黒川みつひろ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2015年06月22日
ISBN: 9784338276054

幼児から
250×190mm/32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

恐竜絵本作家の黒川みつひろさんが描く大人気シリーズ「恐竜だいぼうけん」第四弾!
棲みかである「みどりのたに」を目指して、トリケラトプス「ビッグホーン」と息子の「リトルホーン」が友だちのプテラノドンの子ども「プテラぼうや」が出会った恐竜とは?!

森の中で泣いていたのは、草食恐竜「テリジノサウルス」のお母さんです。
「テリジノ」という言葉は大きなカマという意味で、70センチメートルもの巨大なツメをもっていた草食恐竜だそう。テリジノサウルスのお母さんが、3匹の子どもたちに森の木の実を食べさせようとしていると、肉食恐竜の「アベリサウルス」が襲ってきたというのです。

もちろん、困った恐竜を放っておけないのが、我らがヒーロー、ビッグホーン。早速、たくさん木の実がなっている森までついていってあげることにしました。これで安心!・・・ところが、ビッグホーンがその場をはなれた矢先におなかをすかせたアベリサウルスが出現したのだから、大ピンチ!

残された小さなリトルホーンとプテラぼうや、テリジノ母さんは一体どうする?!
ハラハラドキドキするこのシリーズですが、今回はちょっと風変わりなテリジノサウルスがとても魅力的に描かれています。最新の恐竜研究の仮説に基づいた生態を絵本の中で表現しながらも、黒川さん独自の想像力をふくらませた恐竜たちの大冒険は本当にワクワクします。
もちろん、シリーズを通して描かれるリトルホーンの成長も楽しみの一つ。映画の世界では味わえない、絵本ならではの大スペクタクルが待っていますよ。同シリーズの巻末の「作者のことば」でますます恐竜たちにも愛着がわくこの絵本。

恐竜に詳しいあの子も大満足の1冊、是非手にとって読んでみてくださいね。


(富田直美  絵本ナビ編集部)

恐竜トリケラトプスとテリジノサウルス

出版社からの紹介

お腹を空かせて困っているテリジノサウルスの親子に出会ったトリケラトプスたち。肉食恐竜アベリサウルスにおそわれて、逃げてきたといいます。トリケラトプスたちは、親子を助けることができるのでしょうか?!

ベストレビュー

トリケラトプスが好きな息子

恐竜が好きな息子は黒川さんの絵本が大好きです。
とくにこちらのトリケラトプスが気に入っているようで、図書館で借りてきて読んでいました。
細かいけれど温かみのある絵がすてきですね。
このシリーズこれからもたくさん読みたいです。
(おにぎり大好きさん 30代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


黒川 みつひろさんのその他の作品

恐竜トリケラトプスとケツァルコアトルス / 恐竜トリケラトプスとティラノきょうだい / 恐竜トリケラトプスとあくまのもり / 恐竜トリケラトプスとゴルゴサウルス / 恐竜トリケラトプスとスピノぼうや / 恐竜トリケラトプス はじめてのたたかい


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 恐竜トリケラトプスとテリジノサウルス

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

恐竜トリケラトプスとテリジノサウルス

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット