新刊
まんぷくよこちょう

まんぷくよこちょう(文溪堂)

おいしい食べ物、おしゃべり、ふくびき、商店街の魅力満載!

  • ためしよみ
ふしぎなさーかす

ふしぎなさーかす

  • 絵本
作・絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1981年
ISBN: 9784834008395

読んであげるなら・ 4才から
自分で読むなら・ 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

幼い子どもからおとなまでの読者をふしぎな世界へ誘う作者が、この絵本では、真夜中の机の上で小人たちが演じるふしぎなサーカス「地上最小のショウ」に読者を招待してくれます。

ベストレビュー

小人のサーカス

「ふしぎなさーかす」という本の中に「ふしぎなさーかす」という本があり、それを開くとふしぎなさーかすが催されるという。見開きにピエロがピエロを持っていてさらにそのピエロがまたピエロを持っていて・・・というイラストがあるのですが、こういった内容を象徴しています。

そのように見ていくとなかなかおもしろいのですが、ちょっとわかりにくい?のでしょうか、私の子供は、「これはふしぎなサーカスじゃなくて小人のサーカスだよ」などと言っておりました。
「ふしぎなえ」を見たあとだと物足りなく感じますね。
タイトルに「ふしぎな」と付かなければ物足りなさも感じなかったのかもしれませんが。

子供には1ページごとに説明が必要かもしれません。
でも文章がないので、お話しを作って読んであげるのには良さそうですね。
(PDさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安野 光雅さんのその他の作品

私捨悟入 / 旅の風景 / 文庫手帳2020 / 銀の匙 / かずくらべ / 安野光雅 自分の眼で見て、考える


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 総記 > ふしぎなさーかす

カエルの大人気シリーズ。ちょっとかわったおやすみ絵本

ふしぎなさーかす

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.27

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット