話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

えほん はりねずみのルーチカ

えほん はりねずみのルーチカ

  • 絵本
文: かんの ゆうこ
絵: 北見 葉胡
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,540

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2014年06月24日
ISBN: 9784061332645

よみきかせ4歳から ひとりよみ6歳から
270×230mm/33ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

小学校中学年向けの童話作品として人気の「はりねずみのルーチカ」シリーズが、このたび小さな子から楽しめる絵本として登場しました。

まず目に飛び込んでくる緑いっぱいの森の風景―。ここは、ふしぎな生きものたちが住むフェリエの国。はりねずみのルーチカはもぐらのソルや、妖精のノッコたちと仲良く暮らしています。ある日三人は、ジャムにするために赤すぐりの実を取りに森へ出かけるのですが、途中で美しい笛の音が聞こえてきて…。はたして笛を吹いていたのは?

幻想的なフェリエの国の風景は眺めていると、爽やかでやわらかい風が吹き抜けるよう。また友だち同士、協力し合ってパーティーの準備をしたり、新しく出会った相手にも温かく接する優しさにふんわりと包まれ、幸せな気持ちにさせてくれる物語です。「どこから きたとか、だれだとか、そんな こと ちっとも たいした ことじゃ ないよ!」という言葉が印象的です。また、童話版ではモノクロでしか見られなかった挿絵が、絵本では見開きページいっぱいのカラー絵で見られるところも大きなみどころのひとつ。北見葉胡さんの美しい色彩と繊細な絵のタッチがより贅沢に味わえるのが嬉しいですね。

はじめて“ルーチカワールド”と出会う子どもたちにも、すでに“ルーチカワールド”のファンだという小学生や大人の方にも、たっぷりと楽しんでいただける1冊です。

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

えほん はりねずみのルーチカ

出版社からの紹介

フェリエの国にすむはりねずみのルーチカ。ある日、ふえの音にさそわれて、森のおくへはいっていくと……。仲間たちとの楽しいお話。

ベストレビュー

絵本版ルーチカ!

「はりねずみのルーチカシリーズ」は小学生向けの児童書ですが,こちらはそのルーチカの絵本版です。
可愛らしいイラストが紙面いっぱいに描かれ,ルーチカたちの世界に引き込まれます。
幼児期のお子さんの読み聞かせや一人読みにぴったりな可愛い絵本に思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かんの ゆうこさんのその他の作品

りりかさんのぬいぐるみ診療所 わたしのねこちゃん / りりかさんのぬいぐるみ診療所 空色のルリエル / はりねずみのルーチカ にじいろのたまご / ぽぽとくるのしあわせのばしょ / ソラタとヒナタ おはなしのバトン / はりねずみのルーチカ トゥーリのひみつ

北見 葉胡さんのその他の作品

わたしのともだちポルポちゃん / マーシカちゃん / エミリーとはてしない国 / はりねずみのルーチカ 人魚の島 / 魔女裁判の秘密 / ポプラ世界名作童話(27) くるみわり人形


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > えほん はりねずみのルーチカ

「プラチナブック」新入り絵本を紹介【ブランニュープラチナブック】

えほん はりねずみのルーチカ

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット