よるのわがしやさん よるのわがしやさん よるのわがしやさんの試し読みができます!
文: 穂高 順也 絵: 青山 友美  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
和菓子屋の5人(個?)の和菓子たちが、洋菓子屋をていさつに!?
森の小人さん 40代・ママ

1粒で2度美味しい☆
タイトルに惹かれ読み始めました。和菓子…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
かぞえる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かぞえる

  • 絵本
文: 楠田 枝里子
絵: 飯野 和好
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年05月
ISBN: 9784835451855

A4変 40ページ

出版社からの紹介

<五感のえほん>プロジェクト第4弾! 1983年、訪問販売のみで発売された伝説の絵本シリーズの中から、楠田枝里子と飯野和好という豪華著者による『かぞえる』が、新たな装丁でよみがえります! ▼<五感のえほん>とは? 2015年、復刊ドットコムから新たな絵本シリーズが誕生します!元々は、1983年に「ブリタニカ絵本館ピコモス」(日本ブリタニカ社 刊/全25巻/監修:谷川俊太郎 小松左京)として、訪問販売でのみ発売された絵本シリーズ。 再編集にあたり、わたしたちの社会や生活に根付く五感(みる、きく、かんじる…)

ベストレビュー

モノを「図る」ために必要な数の概念。

作者は元アナウンサーの楠田枝里子さんです。
エッセイなども書かれているので、文章はまとまっていて、表現も面白く楽しく読めました。
作品が面白かったのは、絵の担当が飯野和好さんだったというのも大きいかもしれません。
小学校の中学年くらいの男の子たちらしい友情も見えたし、
意地の張り合いで、モノを数えていくという流れもよかったです。
この作品は、数字的に数を覚えるための「かぞえる」話というより、
モノを「量る」ために必要な単位として、いろいろな「数」があるんだ。と描かれていて、それがものすごくわかりやすく伝わってきました。

絵も文字もはっきりしていて、理解しやすいので、読み聞かせにも使えそうです。
アイスクリームをたくさん食べるシーンなどとても暑い夏の時期が舞台なので、読むのは夏がよさそうです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子16歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


楠田 枝里子さんのその他の作品

うさちゃんのニュース / ぼくは おおきな くまなんだ / こころのやさしいかいじゅうくん

飯野 和好さんのその他の作品

スサノオ 日本の神話 / めしくわぬにょうぼう / 灰屋灰次郎 灰はございー / はやくちことばで おでんもおんせん / ねぎぼうずのあさたろう その10 ゆきはこんこんわたりどり / 日小見不思議草紙



『いっしょにするよ』風木一人さん・たかしまてつをさんインタビュー

かぞえる

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット