しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
たとえば、せかいが ゴロゴロだったら
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たとえば、せかいが ゴロゴロだったら

  • 絵本
作: 高畠 那生
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年07月08日
ISBN: 9784061332652

4歳から
270×220mm/32ページ

みどころ

ひゃーっ!
もし本当にこんな島があったとしたら、私も、そして私の息子も、とっても優秀な人として生活できるんじゃないかしら。

……だって、ここは「ゴロゴロ島」。
ゴロンさんの一家も朝起きてから、みんなずっとゴロゴロ、ゴロゴロ……。
「はやく ゴロゴロなさい! ちこくするわよ!」
子どもたちは学校へ、ゴロゴロゴロゴロ。
ゴロンさんと奥さんのコロコロさんは自分たちの経営するふとん工場へ、ゴロン ゴロゴロゴローン!

街中でも、通勤ラッシュの電車の中でも、みんなゴロンゴロン。
もちろん、授業中だって!
スポーツの試合中だって!!

衝撃的です。
何しろ、うちの中でしか許されないと思ってた「ゴロ寝スタイル」で一日中過ごしているのですから。
これは、未来のお話なのでしょうか?
それとも探せば「ゴロゴロ島」はどこかにあるのでしょうか!?
ずっとゴロゴロしているのは、どんな気分なのでしょう。そして、ゴロンさんのうちのふとん工場がこんなに成功している理由は?

まずは、親子で一緒にゴロゴロしながら、の〜んびり読んでみることにします。
何しろゴロゴロが得意ですからね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

たとえば、せかいが ゴロゴロだったら

出版社からの紹介

あなたは、「ゴロゴロ島」を知っていますか? この島の人々は、みんな「ゴロゴロ」らしいんです。の〜んびり楽しめるユーモア絵本。

ベストレビュー

そうきたか!

高畠 那生さんの作品の中でも、好きな絵本です。
起承転結がはっきりしているストーリーではありませんが、
なんだか読み返したくなります。
最後のオチも、さすが!
「ああー!そうきたか!」と、思わずうなってしまいました!
(なーお00さん 30代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


高畠 那生さんのその他の作品

あさって町のフミオくん / ゲンちゃんはおサルじゃありません / そらから ぼふ〜ん / ハリネズミ・チコ(4) スターライト号でアドリア海へ / としおくんむし / ハリネズミ・チコ(3) フライパン号でナポレオンの島へ



>絵本エイド ―こころにひかりを―

たとえば、せかいが ゴロゴロだったら

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット