しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
続・被爆者 70年目の出会い
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

続・被爆者 70年目の出会い

  • 児童書
著: 会田 法行
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

関連書籍
被爆者 60年目のことば

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

2005年に刊行された『被爆者 60年目のことば』から10年―。前回インタビューした被爆者の方のその後の10年を伝えるとともに、この10年の間に起きた福島での原発事故による放射線問題についても言及する『続・被爆者 70 年目の出会い』。報道カメラマン会田法行さんによる写真絵本です。

広島・長崎に原爆が投下されてから今年で70年。前作で登場された、13歳の時に被爆して以来、原爆ドームの絵を命をかけて描き続けているという原廣司さん。そのドームの絵はこの10年で1500枚から3000枚を超えるまでとなり、だいぶ足腰が弱くなった今もなお、原爆ドームと向き合う毎日を過ごされています。また24歳の時に原子爆弾で全身にやけどを負い、苦しい人生を送りながらも核兵器の廃絶を訴え続けてきたという片岡津代さん。おしゃべり好きのとても素敵なおばあちゃんという印象があった片岡さんは、想像以上に老いが進み、今回会田さんが訪れた際には話をすることができず、ただ手をにぎり目を見つめるだけの状態となっていました。さらに本書では、福島で起きた原発事故の後、全村避難が決まった飯館村から避難中の佐藤さん一家7人の暮らしについても詳しく紹介されています。飯館村に帰るのか帰らないのか今も答えの出ない葛藤の思いが伝わってきます。

原爆から70年たった今、それぞれのやり方でその苦しい体験と平和への思いを強い意志で語り継いでいる被爆体験者の方々。本を開くまでは辛いことばかりを想像してしまいますが、本書では若い人に平和のバトンをつなぐ、明るい希望も見ることができます。それは広島市の高校が始めた、被爆者の記憶に残る光景を「原爆の絵」として残すというプロジェクト。被爆者と高校生がいっしょになって絵を描くことによって、被爆体験を若い世代へと継承していく試みです。

「核兵器がなくなってほしいという想いや、平和を想う気持ちは、憎しみを超越するのです」
「たとえ世の中から戦争がなくならなくとも、核兵器がなくならなくとも、私たち被爆者はあきらめるわけにはいかないのです」
という被爆者の方の言葉を、本を手にした私たちはどれぐらい自分の中に落とし込んで考えることができるでしょうか。また、被爆者の方々の深みある表情からどれだけのことを想像し、感じとることができるのでしょうか。
『被爆者 60年目のことば』と合わせて、世代を問わず多くの人に手にとってほしい1冊です。

(秋山朋恵  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

被爆から70年がたち、高齢化のすすむ被爆者の方々の体験を知る事、伝えていく事がとても大切になっています。被爆者の体験を絵にする高校生や親族のことばを伝える人々を紹介しました。『被爆者 60年目のことば』と共に、平和とは何なのかを考える写真絵本です。

ベストレビュー

伝えることの大切さ

戦争の恐ろしさ、とりわけ放射線の怖さを伝えるための写真絵本です。
二度と同じ悲劇を繰り返さないために、バトンをつないでいくことの重要性をひしひしと感じます。
戦争体験者がどんどん少なっていく今だからこそ、こういった絵本で、戦争そのものの怖さだけでなく、知ること・伝えていくことの重要性を子どもたちに伝えていきたいです。
(みっとーさん 30代・ママ 男の子8歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


会田 法行さんのその他の作品

トイレをつくる 未来をつくる / 春を待つ里山 / 砂上の船 水上の家 / プロイ / 被爆者 60年目のことば


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 続・被爆者 70年目の出会い

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

続・被爆者 70年目の出会い

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット