話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
できること おてつだい
  • 全ページためしよみ
  • ちょっとためしよみ

できること おてつだい

  • 絵本
作: くすのき しげのり
絵: 市居 みか
出版社: 廣済堂あかつき

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年08月10日
ISBN: 9784908255069

22 × 25.5 cm  32P

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


くすのきしげのりさんと12名の絵本作家たち 市居みかさんインタビュー

みどころ

リスくんと、クマくんと、ウサギさん、そしてサルくん。
からだの大きさも、性格もバラバラの4人が遊んでいます。

すると先生が声をかけます。
「あしたの運動会の準備、てつだってくれるかしら」
クマくんが「おてつだいは、ぼくひとりで だいじょうぶだよ」
リスくんもウサギさんも「ぼくが する!」「わたしが、やるの!」
大騒ぎです。あらあら、ちゃんとお手伝いできるのかな。

棚の上のかごをおろすのは、手が長くて木登りが得意なサルくん。
狭いすきまに転がっていった赤い玉を拾いにいけるのは、もちろん体の小さなリスくん。
じゃあ、大きなダルマを運ぶのは?
つなひきのつなを運ぶのはどうしたらいい?

みんなそれぞれが自分の得意なことを率先してやります。
そう、これが「できること おてつだい」なのです!
なんて素敵な方法でしょう。
自分ひとりじゃできなかったことが、どんどんできていきます。

くすのきしげのりさんの「すこやかな心をはぐくむ絵本」シリーズ5作目は、認め合い、協力し合う動物たちのすがたを、ゆかいにのびやかに描きます。
子どもらしい発見、だけど「じぶんができることを率先してやる」というのは、これから大人になって仕事をしていく上でもとっても大事なこと。いつかリスくんたちのやりとりを思い出す時があるのでしょうね。

本に挟みこまれているリーフレットには、作者のことばや読み聞かせのコツ、子どもたちの「こころ」についてのコラムなどが掲載されています。こちらも読みごたえありますよ!

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

できること おてつだい

出版社からの紹介

あしたはうんどうかい。じゅんびをはじめたせんせいが、みんなにこえを、かけました。「てつだってくれるかしら」 
すると、「ぼくが、する!」「わたしが、やるの!」と、おおさわぎになって……。
それぞれが自分の得意なこと、できることを率先してやると、なんて多くのことができるのでしょう。認め合い、協力し合う動物たちのすがたを、ゆかいに描いた絵本。

ベストレビュー

長所を生かして

このお話は、いろいろな動物たちが自分の長所を生かしてカメ先生の運動会の準備をお手伝いするお話でした。みんな自分のできることを一生懸命に考えている様子が、とってもかわいらしく見えました。この絵本の動物たちみたいに自分のいいところを見つけていってくれたらな〜なんて思いながら子供に読み聞かせました。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


くすのき しげのりさんのその他の作品

マッチやのしょうじょ / ダンゴムシがやってきた! / 5つの風の絵ものがたり(全5巻) / 星のなる木 / たべる たべる たべること / 少年の太鼓

市居 みかさんのその他の作品

い〜れ〜て! / トソックオマトソート! / 紙芝居 レレコさんと かおかきこぞう / がっこうかっぱのおひっこし / かさとながぐつ / 紙芝居 あ・そ・び・ま・しょ!


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > できること おてつだい

【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

できること おてつだい

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.69

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット