季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
博物館の少女 怪異研究事始め

博物館の少女 怪異研究事始め(偕成社)

富安陽子が描く明治時代×あやかしミステリー!

  • ためしよみ
図書館奇譚

図書館奇譚

作: 村上 春樹
出版社: 新潮社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2014年11月
ISBN: 9784103534303

出版社からの紹介

ぼくと羊男はここから脱出できるのか? 不条理に満ちた「大人の童話」がダークに蘇る。

図書館に本を探しにきたぼくは読書室という名の地下独房に囚われ、こう告げられる。「君はのこぎりで頭を切られ、脳味噌をちゅうちゅうと吸われるんだよ――」。初出から32年、あの名短篇が3度の改稿を経て、ドイツの気鋭画家カット・メンシックによるミステリアスなイラストと響きあう。村上ワールドを多元的に味わうアート・ブック第三弾!

ベストレビュー

大人向けのビターテイスト

同じ料理なのに、味付けと素材が違うとどうしてこんなに変わってしまうのでしょうか。
以前に読んだ『ふしぎな図書館』のイメージは、佐々木マキさんの不思議ワールドと、村上さんの子供向けヴァージョンで、まろやか仕立てだったのですが、この『図書館奇譚』は、絵も文章も辛口です。
物語に共通性があるだけに、不思議な違和感。
読み比べると、アレンジ次第で異なった印象をもってしまう、不思議な物語です。


(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村上 春樹さんのその他の作品

村上T 僕の愛したTシャツたち / その日の後刻に / 猫を棄てる 父親について語るとき / 水底【みなそこ】の女 / ジュマンジ / みみずくは黄昏に飛びたつ 川上未映子 訊く/村上春樹 語る



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

図書館奇譚

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット