話題
ウイルスにマケマ戦隊 ゲンキーズ

ウイルスにマケマ戦隊 ゲンキーズ(フレーベル館)

マケマ戦隊ゲンキーズと一緒にウイルスをやっつけよう!

  • 学べる
  • 役立つ
ジンベエザメのはこびかた

ジンベエザメのはこびかた

  • 絵本
写真: 松橋 利光
文: 高岡 昌江
絵: 宮野 耕治
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年07月23日
ISBN: 9784593583058

小学校3年生から
195×224mm/32ページ

みどころ

大人もびっくり楽しめる! 水族館の裏側に迫る写真絵本。
大きいものは12メートルをこえるというジンべエザメ。
世界でいちばん大きな魚であるジンベエザメが、いったいどうやって水族館まで運ばれているか知っていますか?

ある日、一頭の子どものジンベエザメが漁師の網にまぎれこみます。
場所は四国の高知県。
ジンベエザメは、大阪の水族館である「海遊館」で飼うことに。
しかし、子どもとはいえ全長は5メートル、重さは1トン。
ふつうの魚を運ぶようにはいきません。
そのうえ、海遊館までの道のりはなんと、460km。
いったいどうやって運ぶのでしょう?

ジンベエザメの引っ越しには、たくさんの道具と機材が必要になるのですが、その中にはなんと、水族館のスタッフが手作りしたものも!
目的地である海遊館に到着したからといって、安心はできません。すぐに水槽に移してはならないのです。いったいどうしてでしょう?

巨大な魚を運ぶのですから、当然むずかしい仕事だとは思っていましたが、まさかこんなにも周到に準備がなされ、細心の注意を払って行われるものだとは……。
生き物を扱うことの大変さに、改めておどろかされる一冊です。

また、引っ越したあと、水族館でのジンベイザメの生活についても描かれているのですが、そこにも意外な情報が……。
目の前に海があるのに、まさか船を使ってわざわざ海水を遠くから運んでいるなんて!?
たくさんのおどろきに満ちた、ジンベエザメと水族館の秘密を目撃してください。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

水族館の魚って、どこからきたの? 世界一大きな魚ジンベエザメを、高知の海から大阪の海遊館まで約460kmを運ぶ過程を取材した写真絵本。全長5m、体重1tのサメをはこぶ方法とは? 水族館の舞台裏に迫ります!

ベストレビュー

水族館のお仕事。

水族館のバックヤードがわかる写真絵本です。
表紙がかわいらしい挿絵だったので、
読み始めてから、「あれ?全部写真なんだ!」という感覚でした。

内容は、とってもリアルな水族館のお仕事のお話。
大きなジンベエザメをどうやって水族館に運び入れるかが、
懇切丁寧に描かれています。
大人もびっくりの、それはもうたいへんなお仕事でした。

これを読んでから水族館に行くと、
水族館の楽しみ方がまた変わるような気がします。
絵本ではありますが、
文字が多めで、かつ内容的にも、
小学生以上が読みやすいかなと思います。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松橋 利光さんのその他の作品

海の生きものつかまえたらどうする? / 奄美の生きもの調査 奄美の森でカエルがないた / 奄美の空にコウモリとんだ / がんばるセイウチ / かまってシロイルカ / しってる?水族館のにんきもの のんびりジュゴン

高岡 昌江さんのその他の作品

すごいな、お母さん! どうぶつのおっぱいずかん / 学研の図鑑LIVE どうぶつブック にたものずかん どっちがどっち!? 新装版 / 学研の図鑑LIVE どうぶつブック オスメスずかん どっちがオス?どっちがメス? 新装版 / きんぎょびじゅつかん / どうぶつのかお ならべてみた! / こんにちは、 キリンのあかちゃん


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 生物学 > ジンベエザメのはこびかた

今月の新刊&オススメ絵本情報

ジンベエザメのはこびかた

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット