しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ベティ・バニー チョコレートケーキだーいすき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ベティ・バニー チョコレートケーキだーいすき

  • 絵本
作: マイケル・B.カプラン
絵: ステファン・ジョリッシュ
訳: 小峯 真紀 中川 典子 増野 綾希子
出版社: バベル・プレス

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2014年02月
ISBN: 9784894491458

25× 27.3 × 9mm(上製)/ 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「あま〜い体験」が忘れられずに、そのことばかり考えていた経験は ありませんか? もっともっとほしくなる子どもの心理を描く絵本

人きょうだいの末っ子ベティは、ママやパパから「わからずや」と呼ばれていますが、

それを「ほめ言葉」と受けとっている女の子。

ある日のこと、ママが作ったチョコレートケーキを初めて口にすると、

すぐにベティはその虜になってしまいます。

学校へ行っても授業は上の空。
何をしていても、いつも頭の中はチョコレートケーキのことでいっぱいです。

ある朝、我慢できずに、夕飯のデザート用のケーキをポケットに入れて学校に持っていってしまいますが……。
素直で一途なことは決して悪いことではありませんが、
「我慢することの大切さ」をこの絵本はさりげなく教えてくれています。

さて、「わからずや」のベティは、最後には我慢の大切さをわかってくれるのでしょうか?

ベストレビュー

我慢の行く末

『BETTHY BUNNY LOVES CHOCOLATE CAKE』が原題。
そう、LOVEなんですね。
ベティ・バニーはわからずやさん、と冒頭から、一癖ありそうな少女が主人公です。
つまり、聞きわけがない、ということでしょうか。
もちろん、本人はそんなこと気に留めません。
さて、家でチョコレートケーキを食べたことで、ベティのチョコレートケーキ愛が
炸裂します。
学校でも泥団子の要領で作って食べてみるという行動は唖然ですね。
そしてとうとう、チョコレートケーキを我慢することになってしまいます。
でもでも、我慢の行く末は…。
ちょっとした道徳作品のような印象です。
我慢の大切さが伝わってきますね。
お母さんの諭し方も、子育て中のママにはヒントがいっぱいあるような気がします。
小学校のおはなし会で読みましたが、やはり子どもたちには大受けでした。
ケーキつながりということで、時間もちょうどよい、
かがくいひろしさんの『がまんのケーキ』と一緒に読みましたが、
相性抜群でした。
(レイラさん 50代・ママ 男の子22歳、男の子20歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • おえかきずかん
    おえかきずかん
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★大人にも人気!かわいい動物が描ける★ズーラシアなどの動物園を運営する「横浜市緑の協会」監修



大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

ベティ・バニー チョコレートケーキだーいすき

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット