まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
くらす 五感のえほん5
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くらす 五感のえほん5

  • 絵本
文: 森崎 和江
絵: 太田 大八
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年06月20日
ISBN: 9784835451862

A4変 40 頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

小さな漁港がある、とある海辺の町の、お父さん、お母さん、お姉ちゃん、ぼくの四人家族に流れる、ささやかながらもあたたかい暮らし。
家族がともに生活を営む姿は、かつての日本には当たり前にあった光景でした。
「五感のえほん」第五弾では、私たちの誰しもが心の中に憶えている日々の情景を、ノンフィクション作家の森崎和江が一日の時間の経過とともに淡々と綴り、絵本作家・太田大八が、見る者の共感を強く引き出す絵にまとめています。

くらす 五感のえほん5

くらす 五感のえほん5

ベストレビュー

田舎の一日

このお話は、田舎での一日を描いたお話でした。朝起きて畑仕事や漁に出て、帰ってきたら仕事に行って。今ではなかなか見ないゆったりとした風景を見てうちの子は、「僕もこんな町に住みたいな〜。毎日楽しそう!」と自然大好きな子供からしたらうらやましかったみたいです。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森崎 和江さんのその他の作品

いのる

太田 大八さんのその他の作品

くもの巣とり / もういいかい / なんげえはなしっこしかへがな / もしも… / 岩波少年文庫 月からきたトウヤーヤ / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(9) 古田足日子どもの本


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > くらす 五感のえほん5

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

くらす 五感のえほん5

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット