もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
豆わたし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

豆わたし

  • 絵本
原案: 上嶋 常夫
構成・絵: 岡田 潤
文: おおたに みねこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年04月
ISBN: 9784265830244

A4変・32ページ

出版社からの紹介

川の水を巡って争う二つの村。ひそかに想い合う若者と隣村の娘は、箸を使った豆わたし競争で、この争いを解決しようと決意する。

ベストレビュー

お箸がつないだ村の平和

「豆わたし」という言葉は初めて耳にするのですが、お箸で豆を器から器へ移す競い合いがあったのでしょうか。
川をはさんだ両岸の村のいがみ合いは水利でした。
お互いに協力し合うという発想が生まれるには、心通わせあうことが必要でした。
川をはさんで仲の良い天音村のじんじろうと天流村のねねは、ロミオとジュリエットのようですが、ふたりの息の合った箸使いが村の平和を作りました。
最後にお箸の使い方の説明が載っているのがご愛嬌ですが、お話の中で出てくる豆わたしの競い合いで息ピッタリという二人のすごさには、圧倒されました。
ほのぼのとしたお話ではありましたが。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

岡田 潤さんのその他の作品

幽霊ランナー / こども電車

おおたに みねこさんのその他の作品

ねぐせうらない / でんしゃがおうちレイルちゃん



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

豆わたし

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット