新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
 世界のともだち(28) エチオピア ナティはたよれるお兄ちゃん

世界のともだち(28) エチオピア ナティはたよれるお兄ちゃん

  • 絵本
写真・文: 東海林 美紀
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,980

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「 世界のともだち(28) エチオピア ナティはたよれるお兄ちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2015年09月07日
ISBN: 9784036482801

小学校中学年から
25cm×22cm・40ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

かつてエチオピア帝国の首都であった町、ゴンダール。当時のお城や宮殿がのこり、石だたみの道や緑が美しいこの町に、13才のナティが住んでいます。4人兄妹の一番上のナティは、ふだん、家のお手つだいで大忙し。料理をしたり、妹たちにごはんを食べさせたり、お父さんとお母さんを助けています。家では、時間ができると、テレビを見たり、DVDを見たりすることが大好き。カンフー映画やアクション映画に影響を受け、将来の夢はアクションスターになることです。
エチオピアのお正月や、ティムカットというお祭り、食べもの、宗教などを通して、アフリカ大陸のなかでも独特の文化をもつエチオピアの魅力を伝える1冊です。

将来友だちになるかもしれない、だれかの毎日。世界36か国で写真家が撮り下ろした、「世界のともだち」シリーズの28巻目。

ベストレビュー

アフリカって、こんなイメージかも

昔首都だったゴンダールに住む6人家族。13歳の少年の暮らしを追った写真絵本。
子どもたちがのびのび暮らしている様子が伝わってくる。小学校では公用語のアムハラ語のほかに、英語で授業をしたり、学校の帰りには友達と遊んだり。英語は好きな映画を見て自然に覚えたり、電化製品を直す方法を学校の物理の先生が教えてくれたり。好きなことはどんどん自然に覚えていき、協力してくれる大人も多いようだ。

一度も植民地になっていないので、古い歴史や文化が残っており、独自の風習が色濃い。80以上の民族がいたり、独自の発展を遂げたキリスト教(エチオピア正教)があったり、知らないことだらけで楽しい。
 聖書を読むと、シェバの女王やエチオピア人が出てくる箇所がある。この絵本を見て、その様子を想像できて素敵だった。全体的に土の色の温かみのある写真で、エチオピアの風が吹いてくるような不思議な雰囲気を楽しめた。
(渡辺諦さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


東海林 美紀さんのその他の作品

現地取材! 世界のくらし(8) マレーシア


絵本ナビホーム > 児童 > 全集・双書 > 社会 > 世界のともだち(28) エチオピア ナティはたよれるお兄ちゃん

「Z会グレードアップ カードとえほん」監修首藤久義さんインタビュー

世界のともだち(28) エチオピア ナティはたよれるお兄ちゃん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット