宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
角川まんが学習シリーズ 日本の歴史14
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史14

  • 児童書
監修: 山本 博文
出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥800 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年06月30日
ISBN: 9784041015070

四六版

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

東大の入試問題や近年の歴史教育の現場で、今最も重視されているのは「歴史の大きな流れをつかむ」こと。歴史の流れがおもしろいほどよく分かる、最強学習まんがが誕生! 第14巻は「大正〜昭和時代初期」。

ベストレビュー

段々と暮らしが変化するのがわかります

14巻までくると、一気に歴史が身近な感じになってきました。
表紙の袴の女の子も少女漫画みたいなイラストですし、第一次世界大戦や日中戦争など、内容も政治のことなど少し難しく感じたようです。
でも大正モダンの暮らしが紹介されているページは百貨店のことや、モダンな洋服、地下鉄など・・暮らしが変わってきた様子がよくわかり面白かったです。
段々と現代に近づいた洋風な暮らしになっていった流れもよくわかりました。

関東大震災もこの時期に起きたのですね。改めて知るとすごい大きな規模の大地震だったことがわかりました。

いよいよ次の15巻で完結です。
このシリーズ、本当にコンパクトだけれどとても中身が濃く、子どももとても気に入っています。
歴史漫画はリビングに手に取れるようにおいておきたかったので、コンパクトなのはとても助かります。
(Pocketさん 40代・ママ 女の子14歳、男の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山本 博文さんのその他の作品

10分で読めるわくわく社会 歴史の大事件 / 角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 3大特典つき全15巻+別巻4冊セット / 学校で教えない 日本史人物ホントの評価 / 古地図で大江戸おさんぽマップ / 決算! 忠臣蔵 / CHIBA 千葉 チ〜バ 叫びたいほど面白い千葉の話160



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史14

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット