つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん
作: ジェニー・ジャコビー 絵: マイク・ラブ & ビアトリス・ブルー 訳: 田中薫子 監修: 平山廉  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
トリケラトプス、ティラノサウルスなど、5つのポップアップを自分で作る、ずかん絵本!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
おばあさんのしんぶん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばあさんのしんぶん

  • 絵本
文・絵: 松本 春野
原作: 岩國 哲人
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年07月21日
ISBN: 9784062195652

AB/32ページ

みどころ

小学5年生だったてつおが新聞配達を始めたのは、どうしても新聞が読みたかったから。
「読みにおいで」と言ってくれる、おじいさんとおばあさんがいたから。

今から70年以上も前のこと。戦争が終わって1年が経ち、お父さんを亡くしたてつおは、お母さんのふるさと出雲で暮らしています。てつおは、三人の子どもを育てるために働くお母さんをいつも手伝っています。そんなてつおがある日言うのです。
「ぼく、しんぶんはいたつしたいんだ。」
お母さんは心配しますが、てつおはただ新聞が読みたいからだと言いはります。
それからてつおは毎日、くる日もくる日も新聞を配達しました。
配達し終わると、みはらのおじいさんの家で新聞を読ませてもらうのです。
やがておじいさんが亡くなり、それでもおばあさんが「読みにおいで」と言ってくれて・・・。

「新聞配達に関するエッセーコンテスト」に寄せられた岩國哲人さんの最優秀作品から生まれたこの絵本。
政治家となった岩國さんの実話をもとにしたお話なのだそうです。
てつおにとって、子どもにとって、新聞を配達するという仕事、そして新聞を読むということ、まわりに助けられてきたということ、それらがどれだけ人生の糧となってきたのか。絵本を読むだけで、その感謝の気持ちが心から伝わってきます。時代や環境が変わっても、このエピソードはきっと子どもたちの心のどこかにひっかかってくれるはずでしょう。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

新聞少年のてっちゃんに新聞を読ませてくれていた老夫婦。その、おばあさんが亡くなり、てっちゃんがはじめて知った事実は・・・。

ベストレビュー

みはらのおじいちゃん・おばあちゃん

みはらのおじいちゃん・おばあちゃんが、てつおのために読み終

わった新聞を読ませてもらうのが、楽しみなてつおです。

おじいちゃんがなくなってからも、おばあちゃんが、

「おじいさんはもうおらんけれど、今までどおり、しんぶんを

よみにおいで。」

と、言ってくれました。

おばあちゃんは、毎日毎日、真新しい新聞を捲る、てつおの

となりに、嬉しそうに、座っていました。

おばあちゃんが亡くなってから、おばあちゃんは、文字が読め

ないことを知るてつおですが、てつおがきてくれるのが、なに

より嬉しくて生きがいになっていたんだと思いました。

毎日毎日てつおが来るのが楽しみで、てつおに読ませようと

新聞をとっていた気持ちに”謝辞”を書かれている岩国哲人さん

も心優しい人だと思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松本 春野さんのその他の作品

そらののはらのまんなかで / はなちゃん と ぴかりん ピカピカだいさくせん! / まほうのおまめ だいずのたび / 5つの風の絵ものがたり(全5巻) / あたたかい木 / LIFE(ライフ)


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > おばあさんのしんぶん

『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

おばあさんのしんぶん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット