まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
岸辺のヤービ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

岸辺のヤービ

  • 児童書
作: 梨木 香歩
画: 小沢 さかえ
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年09月10日
ISBN: 9784834081978

小学中学年から
21X16cm 232ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ある晴れた夏の日、わたしが、湖に浮かべたボートの上で出会ったのは、ふわふわの毛につつまれた、二本足で歩くハリネズミのようなふしぎな生きもの、「ヤービ」でした。

ベストレビュー

ミルクキャンディーの出会い

大好きな梨木香歩さんの児童書がでたぁ。
箱に入った美しい製本。それだけで心躍るのだ。
まずは、ストーリーに入る前に、表紙にうっとり。
とっても可愛い表紙のコ(ヤービ)とうっそうと茂る草木の色合いやタッチがすごく好み!
表紙をめくると物語の舞台となるマッドガイド・ウォーターの岸辺付近の地図が。あれ?まんなかの湖(三日月湖)なんだか琵琶湖に似ているぞ。(全然違ったらごめんなさい!あくまでわたしの第一印象なので・・・・・)あとで知ったんだけれどこの絵を担当されてる小沢さかえさん、生まれ育ったのは琵琶湖畔みたい。そういえば、梨木さんも滋賀県に住んでおられたことが。うわぁ、なんだか身近に感じる。それだけでわたしにとって大切な物語になる。
児童書なのですぐに読めるんだけれど、もったいなくてゆっくり時間をかけて読んだ。
ヤービというちっちゃなちっちゃなはりねずみのようなおとこのことウタドリさんという大きい人(人間)とのやりとり。ヤービたちクーイ族の生きる術。自然や生物とのかかわり合い。たんなるファンタジーではない。わたしたちの周りでも起きていることがこのマッドガイド・ウォーターでも起きているのだ。
この物語から大切な何かを見つけ出せるようなきがする。
とってもうれしいことにこれから物語は続いていくよう。壮大に広がっていきそうな予感。楽しみ!
(地球っこさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


梨木 香歩さんのその他の作品

わたしたちのたねまき / 僕は、そして僕たちはどう生きるか / エンジェルエンジェルエンジェル / 家守綺譚 / 蟹塚縁起 / ワニ

小沢 さかえさんのその他の作品

チャーちゃん / ほしをもったひめ セルビアのむかしばなし



シリーズ累計65万部超の大ヒット!海賊たちの運命はいかに?!

岸辺のヤービ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット