話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

子どもの写真で見る世界のあいさつことば

子どもの写真で見る世界のあいさつことば

  • 絵本
著: 稲葉 茂勝
編: こどもくらぶ編集部
出版社: 今人舎

税込価格: ¥1,320

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「子どもの写真で見る世界のあいさつことば」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2004年05月
ISBN: 9784901088275

この作品が含まれるテーマ

内容紹介

世界のあいさつ言葉には、宗教に関係するもの、いい日を願うもの、天気や食などの人々の生活に根ざすものなど色々ある。そんな世界のあいさつ言葉と、その言葉を表す文字を、子どもたちの写真とともに紹介する。

ベストレビュー

バングラディッシュのバケツの少年

写真絵本です。
本の副題の部分には“平和を考える3600秒”とついていました。
この本のコンセプトもその作りから素直に伝わってくるものがありました。
その国その国で使われているあいさつの言葉についての説明も長すぎず短すぎず、簡潔で分かり易かったです。

特にバングラディッシュの「ノモシュカール」というあいさつを紹介しているページでは、小さな子ども(たぶん5,6歳)が、日本でも掃除の時によく見かける普通のサイズのバケツに、おふろにでも浸かるみたいにすっぽりとハマって笑顔を見せている写真は印象的でした。
これには解説の下にさらに欄外に解説が載っていて、世界の最貧困国の1つといわれていた国の栄養状態の悪さの象徴に見える。と書かれています。
(2002年以降少しずつではありますが、バングラディッシュの経済は上昇しているそうです)

他の国々の子どもたちの写真も、もちろんとても素敵でしたが、
1つだけ、編集の際に気にならなかったのかなぁと感じたのは、
英語の次に世界でもっと話す国が多い「スペイン語」のあいさつのページがたった一国、それも「キューバ」の国のあいさつの言葉としてしか紹介されていなかったことです。
ちなみに同じページに紹介されているブラジルの言葉は、語源がポルトガル語なので、似ていますが微妙に違います。
何故でしょうか?ちょっと気になりました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • やきいもの日
    やきいもの日
    作・絵:村上 康成 出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
    秋のにおいが鼻の奥いっぱいに広がる、〈ようこそ自然へ〉シリーズ、秋の本。
  • かばさん 改訂版
    かばさん 改訂版
    作:やベみつのり 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    子どもと遊ぶときはいつだって全力投球!矢部太郎氏の父、やべみつのり氏の描く、最高に楽しい親子の絵本

稲葉 茂勝さんのその他の作品

修学旅行での平和学習 / 平和のための国際連合 / 文学・芸術でふれあう平和学習 / まちに出て平和学習 / 平和学習をはじめよう / 子ども大学で考える SDGs 社会分野

こどもくらぶ編集部さんのその他の作品

まちのしくみ / 見学!日本の大企業 イオン / 透視絵図鑑なかみのしくみ キッチン / 辞書・事典のすべてがわかる本 / 透視絵図鑑なかみのしくみ / 目でみる1mmの図鑑


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 子どもの写真で見る世界のあいさつことば

松嶋菜々子さんの朗読で楽しむJ.K.ローリング書き下ろし童話『イッカボッグ』

子どもの写真で見る世界のあいさつことば

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット