話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
はずかしがりやの バナナくん

はずかしがりやの バナナくん

  • 絵本
作・絵: 岡田 よしたか
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年08月24日
ISBN: 9784569784922

4〜5歳から
B5判変型上製/32ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

はずかしがりやのバナナくんは、学校で行われる「歌の発表会」の練習が嫌いです。バナナくんは、顔を隠してしまって歌えません。「ああ いやんなっちゃうな」としょげていると、近所のくしカツのおじさんがやってきて言いました。「みられてると おもうから ハズカシイ。まわりは みんな イモとか カボチャやと おもたら ええんや」。くしカツのおじさんのもとで、歌の練習がはじまりました。▼何日かたって、発表会の日になりました。バナナくん、最初はハズカシイという気持ちがありましたが、「みんな いしころ いしころ」と心の中で唱えたあと、ついに歌い出します。「バーババ バーババ バナバナバー」。どんどん調子が出てきたバナナくんは、とうとう皮を全部脱いで、音楽室を飛び出しました。「くしカツさんも いっしょに うたお!」とくしカツさんを誘いましたが、驚くことに……。▼最後のどんでん返しが最高の絵本。




はずかしがりやの バナナくん

はずかしがりやの バナナくん

ベストレビュー

関西弁が楽しい

関西弁の軽快なやりとりが楽しい岡田よしたかさんのおはなし。
ちくわのわーさんとかと同じシリーズかなと思いましたが、少しサイズが違います。

その名のとおり、とってもはずかしがりやで、みんなの前で歌が歌えないバナナくんのおはなしです。
串カツのおじさんに、アドバイスを貰うんですが、そのやりとりが面白い!
これはやはり関西弁だからこそのノリですね。

アドバイスのかいあって、無事に歌えたバナナくん。
でも、そこからのオチがさすがです。

とっても自由で楽しい岡田さんの絵本。これからも楽しみにしています。
(tori.madamさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岡田 よしたかさんのその他の作品

サンドイッチにはさまれたいやつよっといで / オニのふろめぐり / そうめんソータロー / おにぎりに はいりたいやつ よっといで / さくらもちのさくらこさん / だいこんさん おふろに はいる


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > はずかしがりやの バナナくん

今月の新刊&オススメ絵本情報

はずかしがりやの バナナくん

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット