話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぱぴぷぺぽーず
  • 全ページためしよみ
  • ちょっとためしよみ

ぱぴぷぺぽーず

  • 絵本
作・絵: 新井 洋行
出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥860 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年09月15日
ISBN: 9784799901458

0歳〜2歳
180×180mm 24ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

カラフルな忍び装束を身につけた5人の忍者が、
「ぱぴぷぺぽーず、はじめるよー!」と呼びかけて、
「ぱ」「ぴ」「ぷ」「ぺ」「ぽ」の音にピッタリのポーズをします。

両手両足を「パッ!」と開いて「ぱ」。
ほっぺたを指でつついて「ぴ」。
大きなおならは「ぷ」。
じゃあ、「ぺ」はどんなポーズ? 次の「ぽ」は……?
忍者のポーズを予想したり、自分たちも一緒にポーズを取ったり、
楽しみ方はいろいろ。
家族で絵本を読みながら、自然と体を動かしたくなる絵本です。

赤い忍者はお父さんかな……? ピンクの忍者はお母さんかな……?
青い忍者はネコかな……?

『れいぞうこ』や『トイレ』など、「あけてあけてえほん」シリーズ(偕成社)で
人気の絵本作家・新井洋行さんの絵本は登場人物もとても個性的。
読者がいろいろ想像できるのも楽しみのひとつです。

よ〜く見ると、忍び装束は貼り絵のようなテクニックが使われているよう。
細かいところまで作者のこだわりが詰まった一冊です。

(木村春子  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

「ぱぴぷぺぽーずのぱっ!」「ぱぴぷぺぽーずのぴっ!」心地よい「ぱ」行の音で繰り返されるリズムのよい音と、思わず体を動かしたくなる「ポーズ」が魅力の絵本。家族みんなで楽しめます。みんなのポーズはどんなポーズ?

ぱぴぷぺぽーず

ベストレビュー

「ぱぴぷぺぽ」を楽しもう!

5人の忍者達(一人は猫ですが(笑))が「ぱぴぷぺぽ」の動作をしていく絵本です。
唯一『。』がつくのが「ぱぴぷぺぽ」なのですよね。
あなたならどんなポーズになるかな?「ぱ」からはじまる言葉は何かな?など会話も広がる絵本にも思いました。

(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


新井 洋行さんのその他の作品

しかくいので / おみせやさんごっこ / 脳みそぜんりょくドリル / ぼうしくんのクリスマスプレゼント / あけてびっくり しかけえほん くれよん ぐりぐり / あかちゃんごきげん きらきら



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

ぱぴぷぺぽーず

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 2
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 6

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット