新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ
ロングセラー
ゆびたこ

ゆびたこ(ポプラ社)

  • びっくり
  • 役立つ
ほしじいたけ ほしばあたけ

ほしじいたけ ほしばあたけ

  • 絵本
作: 石川 基子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2015年09月09日
ISBN: 9784061332720

3歳から
AB版/32P

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

きのこむらのほだぎのさとに住む、ほしじいたけとほしばあたけ。
きのこ暦123年生まれのふたりは、きのこむらのきのこたちに慕われる長老きのこです。
ある日のこと、ほしじいたけが裏山にたきぎひろいをしていると、
むらのこどもたちのひとり、タマゴタケが
崖下に落っこちてしまったというのです。
「こりゃ たいへんじゃ!」
からからに乾いた体を使って、ふうわりと崖を飛び下りるほしじいさま。
無事にタマゴタケの元に到着です。
でも、ほしじいさまの軽さでは、タマゴタケと一緒に崖を上がることはできません。
「いたしかたあるまい。」そうつぶやいたほしじいさまが、
崖のわきに流れる湧水にそろりとつかると……。

実は意外と多い「きのこの絵本」の中でも、
世にも珍しい「ほししいたけ」が主人公の本作。
生のしいたけにはない、特性を十二分に発揮して、
ほのぼのしているのに、どこか脱力してしまう、
何とも不思議な“味のある”ほししいたけ絵本です。

作者の石川基子さんは、第36回講談社絵本新人賞を受賞した、
期待の新人作家さん。
講談社絵本新人賞のHPでは、受賞から絵本出版までの
制作秘話が連載されています。
https://ehon.kodansha.co.jp/award/journal/ishikawa/1.html

(木村春子  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

きのこの里に大事件! ほしじいたけとほしばあたけは、体を張ってなかまのきのこを助けるのですが……。驚きいっぱいの楽しいお話。第36回講談社絵本新人賞受賞作。

ベストレビュー

発想豊かすぎる絵本

 なんとも発想豊かな絵本だ。
 ほししいたけをモデルに絵本ができるなんて思いませんでした。
 だって、ほししいたけの、しわしわが絵本の主人公になるなんて思います? いくら栄養がうまみがあっても、あまり思わない。
 しかも、このタイトル。ほししいたけに「点々」をくわえて、「ほしじいたけ」。
 うまい。

 もっといえば、いつものしわしわの「ほしじいたけ」ですが、森の「きんるい」、これは菌類です、の仲間はピンチにおちいれば、自らの身体を水につけて、あらま、力強い「わかものしいたけ」に変身するのですから。
 こんな発想は普段台所に立つ人でないとわいてこないのではないでしょうか。
 しわしわのほししいたけを水でもどせば、ぷっくら肉厚のしいたけになる。そのことをしっかり見ていないと、わからない。
 この絵本は、それだけで十分楽しめます。

 さらには、この絵本に登場するきのこの仲間たち。
 タマゴダケ、オオワライタケ、ホウキタケ(このホウキタケがせっせと掃除しているのなんて笑ってしまいました)、ヌメリイグチ、それにキヌガサタケ。
 いやいや「きんるい」の仲間たちも随分楽しそうです。

 どうして「ほしじいたけ」が若者しいたけに変身したかというと、子どもたちがおにごっこをしていたら、タマゴダケが崖から落ちてしまったんです。それを助けようと、「ほしじいたけ」は谷底に降りたのですが、しわしわですから崖をのぼる力がありません。
 そこで自ら水にとび込んで若者しいたけに変身したのです。
 ところが、高い崖の途中で力がなくなってきました。あやうし、若者しいたけ。
 と、そこに「ほしばあたけ」も若者しいたけに変身して、二人を助けます。
 いつも仲のいい「ほしじいたけ」と「ほしばあたけ」は、若者しいたけになっても仲がいいのです。

 「ほしじいたけ」たちの活躍を見ていると、人間の「ほしじいたけ」も「ほしばあたけ」もまだまだやれるのじゃないかと思います。
 案外この絵本は老人たちに受けたりするかも。
(夏の雨さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

石川 基子さんのその他の作品

ほしじいたけ ほしばあたけ おにたいじはいちだいじ? / ほしじいたけ ほしばあたけ シールえほん / なんと!ようひんてん / ほしじいたけ ほしばあたけ いざ、せんにんやまへ / ほしじいたけ ほしばあたけ カエンタケにごようじん / ほしじいたけ ほしばあたけ じめじめ谷でききいっぱつ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ほしじいたけ ほしばあたけ

町のかわりものアーサーが神話のせかいで大かつやくする 冒険ファンタジー!!

ほしじいたけ ほしばあたけ

みんなの声(26人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット