くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜!の試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
むずむず・もじもじのくろくまくん。トイレに行ったら、すっきり・さっぱり! トイレが楽しくなる絵本!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ひゃくえんだま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひゃくえんだま

  • 絵本
作: ねじめ 正一
絵: 荒井 良二
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年10月25日
ISBN: 9784790253037

2〜3歳から
22.6×21.3センチ 24ページ

みどころ

1994年に初版が刊行され、長らく欠品となっていた人気作が、装いも新たに生まれ変わりました!

おこづかいのひゃくえんだまをもらった男の子。
うれしくてうれしくて、ぎゅうっと握ったまま眠ったら、てのひらにくっきりひゃくえんだまの跡が!
そして、そのひゃくえんだまの跡から、ひゃくえんだまがどんどんわいてきて!
とうとう部屋中ひゃくえんだまのおやまになって!
それからそれから……!?

とにかく、「おこづかいをもらって嬉しい!」という気持ちが伝わってきます。
(大人も子どもの頃の嬉しかった気持ちを思い出すことでしょう……)
また、喜びの表し方が、これでもか、これでもかと展開していき、どうなるの? どうなるの? と、子どもも大人も引き込まれていくでしょう。

そして何より、ねじめ正一さんの流れるようにリズミカルな文章が、読む方も聞く方も心地よく、いつまでもいつまでも読んでいたくなります。
荒井良二さんの初期の絵も、コミカルな表情とダイナミックな動きの構図が喜びの世界を見事に表現していて、一人でお買い物に行けるお兄ちゃんお姉ちゃんも、まだお金の概念がわからない小さなお子さんも、みんなこの「ひゃくえんだま」の喜びの世界の虜になってしまうことでしょう。

(洪愛舜  編集者・ライター)

出版社からの紹介

百円玉をもらって、うっれしくってうれしくって、ぎゅうっと握り締めていたら、百円玉が手のひらにくっついて、そこからどんどん百円玉がわいてきて…。
ねじめ節ともいえるテンポのよい詩が、楽しい絵とともに展開される絵本。お小遣いをもらってうれしい子どもの気持ちがよくわかる一冊です。こんなこと、ほんとうにあったらいいなあって思わずにはいられません。1994年に初版が刊行された、荒井良二さんの初期の作品が、装いも新たに生まれ変わりました。

ベストレビュー

夢見たい!

楽しいお話です。

100円玉を大事に大事に思い、

寝るときもギュッとにぎって寝てました。

そんな100円がどんどんと、、、、。

このお話は夢がありました。

誰もが一度は考えたことがあるような

小さくてかわいい夢です。

子ども心がわかりやすく描かれてました。
(ジョージ大好きさん 30代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ねじめ 正一さんのその他の作品

はなやのおばさん / とうさんの てじな  / 惚れるマナー / みどりとなずな / ぞうさんうんちしょうてんがい / からっぽマヨネーズ

荒井 良二さんのその他の作品

あいうえおさん / まよなかのくしゃみたいかい / きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ  / 水の絵本 / まめしば / まよなかのおならたいかい



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 フランス編(翻訳家・ふしみみさをさんに聞きました!)後編

ひゃくえんだま

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.15

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット