ぼくのともだちカニやまさん ぼくのともだちカニやまさん ぼくのともだちカニやまさんの試し読みができます!
作・絵: ニシワキタダシ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
サイン本発売中!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし

  • 絵本
作: 宮沢 賢治
絵: 出久根 育
出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年10月
ISBN: 9784895881333

6歳〜
26×25cm 40P

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


宮沢賢治の絵本アワード2015

みどころ

美しくあることにこだわり、だれかをうらやんでばかりいる、ひなげしたち。
あるとき彼女らのもとに、身なりのよいちいさなカエルと、月よりも気高いバラの娘があらわれます。
カエルいわく、バラの娘はとある医者の力で美しくなったとか。
ところが、彼らの正体は悪魔の化身なのです。
美しくなりたいひなげしたちのもとへ、くだんの医者に化けた悪魔があらわれて―

ひなげしたちの持つ手鏡のデザインが、それぞれ異なっているのがとてもかわいらしいみどころ。
いっぽうで、ひなげしたちが物語を通して決してその手鏡を離さずに描かれているのが、ゆきすぎた美への執着を思わせて恐ろしくもあります。

ひなげしたちを見守るひのきの言葉によって明確に教訓が示されているので、他の宮沢賢治童話と比べて、込められたメッセージがわかりやすいのもポイント。
ひなげしやチョウによって、しっとりとした華やかな色合いで彩られていたページは、物語の終盤に暗い色合いへと沈みます。
それがひなげしたちの哀れさや、もの悲しさを引き立たせており、この物語の教訓をより切実なものとして伝えてくれています。

古い作品ということもあり、聴覚障害者を指して現代では差別的とされる表現があるので、その点ご留意ください。

満天の星空を背景にして、あるがまま生きることついて説くやさしいひのきの言葉。
そこに込められた宮沢賢治らしい普遍的な哲学は、どんな年代の人にとっても大きな力になってくれるはず。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

「ああ つまらない つまらない。
いちど女王にしてくれたら、
あたし、死んでもいいんだけど」
――美しさにあこがれるひなげしたちと
そのおろかな願いにつけこむ悪魔。
彼女たちをまもろうとする若いひのきが、
うわべの美しさではない意味と大切さを教える。

宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし

ベストレビュー

ひなげしって、こんな花?

あまりにも美に執着しているひなげしの口から出てくる言葉や、その態度は、あまり気分のいいものではありません。おまけに、ひのきの忠告を聞く耳も持たずに、ひどい言葉を投げつける始末。
それにしても、宮沢賢治さんという方は、たくさんの提言をしてくれます。さらに、ひなげしが、常に持っている手鏡や、根っこが足になっているところなんて、少し不気味なにおいのする絵の描き方で、読み手の心にさらに深くしみこんできます。
(おしんさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

宮沢 賢治さんのその他の作品

貝の火 / ざしき童子のはなし / どんぐりと山猫 / 雨ニモマケズ / フランドン農学校の豚 / 雨ニモマケズ

出久根 育さんのその他の作品

チェコの十二カ月 ー おとぎの国に暮す ー / 命の水 チェコの民話集 / 街角には物語が・・・・・ / いたずらこやぎと春まつり / 岩波少年文庫 お静かに、父が昼寝しております ユダヤの民話 / トロルとにひきのいたずらこやぎ



『ドーナツやさんのおてつだい』 もとしたいづみさん、ヨシエさんインタビュー

宮沢賢治の絵本 ひのきとひなげし

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット