なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
水の国の迷路 水族館から川、海、深海の旅へ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

水の国の迷路 水族館から川、海、深海の旅へ

  • 絵本
作・絵: 香川 元太郎
監修: 武田 正倫
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年09月12日
ISBN: 9784569784960

幼年から
A4判変型上製 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


香川元太郎さんにインタビューしました!

みどころ

親子ではまってしまう、香川元太郎さんの「迷路絵本」シリーズ第12弾は、水の中の生き物や魚たちと一緒に川や海、深海の世界へ大冒険!


今回は今話題の深海魚やダイオウイカをはじめ、美しい海や川の生き物たちが住む水の国を旅しながら、迷路やかくし絵に挑みます。色とりどりの海の魚や浮遊する美しいクラゲの群れに戯れたかと思えば、熱帯の巨大な川の魚が群れをなして泳いでいたり、また見たこともない深海魚たちが暗闇の中で一斉に光っていたり。そんな大迫力の場面の中をかくし絵やクイズにこたえながら進む迷路は最高に大興奮なのです。

さて、一体どんなドキドキが待っているのでしょうか。少しのぞいてみましょう。
まずは身近な水族館からスタート。
子どもたちが手にした「ちらし」には、「○○○を見つけて水の楽園へ!」と書かれています。白くてまるい何かは水族館のあちこちに落ちているから必ず見つけてね。どうやら、水の楽園にいくためにこの見つけた何かを庭の池で身に付けると水の中で息ができるようになるみたい。そこから先は、あっと驚く12の水の世界が待っています!その世界に登場する水の生き物や魚はおよそ250種類というのだから驚きです。巻末にそれぞれの世界の生き物や魚の名前が載っているので、是非とも気になる魚がいたら名前を覚えてみましょう。

もちろん、迷路やかくし絵以外の部分でも作者の香川さんからのクイズに答えたり、巻末にある水の世界にに入り込んでしまった現代人の忘れ物(「スマホ」や「春巻き」「ランドセル」など)や水の神様や妖怪などが今回も遊び心たっぷりにまぎれこんでいるので、探し出しましょう。絵本の中の生命力溢れる豊かな水の世界に感化され、子どもたちはこの絵本をきっかけにたくさんの水の生き物たちに出会うに違いありません。子ども以上に大人がはまってしまうかも(笑)。

見返しのそでにも、香川さんが絵本の中におさめきれなかった「はみだしクイズ」もありますし、何回でも何時間でも楽しめてしまうこの絵本の醍醐味。そうそう、いい忘れましたがすべてのページに文字の書かれたビンがあって、全部見つけるとメッセージになるらしい・・・。き、気になる。まだまだ見つけなければならないものがたくさんありそうです。
それではもう一度「水の国」へいってらっしゃーい!!


(富田直美  絵本ナビ編集部)

水の国の迷路 水族館から川、海、深海の旅へ

水の国の迷路 水族館から川、海、深海の旅へ

出版社からの紹介

ベストセラー「遊んで学べる」迷路絵本シリーズの第12弾は、魚と水の生き物の迷路です。「水族館」や「クラゲの国」などにある迷路を通り抜け、かくし絵を見つけましょう! 本書に登場する魚と水の生き物の種類は、およそ250種。読み進めるうちに、魚と水にすむ生き物たちの知識が自然に身につきます。

 定番の「かくし絵」さがしや「めいろ」のほか、今回は、「ロングめいろ」や「細かいめいろ」「裏クイズ」といったユニークなものもあります。さらに、4ページにわたる「特大パノラマ迷路」というものもあり、今回の迷路絵本の最大のポイントになります。

 内容は次の通りです。「水族館」→「川と池の国」→「熱帯魚の国」→「海岸の国」→「回遊魚の国」→「クラゲの国」→「サンゴ礁の国」→「深海の国」→「光る生き物の国」→「寒い海の国」→「巨大魚の国」→「水の妖精の城」→「妖精の島」(特大パノラマ迷路)

ベストレビュー

美しい水の世界!

こちらの迷路シリーズは,幼児〜小学生まで楽しめるシリーズだと思います。
たくさんのテーマで出ていますが,今回は「水の国」。
水族館から始まり,色々な水の世界を楽しめます。
普段子供が海などに潜ることはないので,海や川の世界を疑似体験できるような絵本でとても面白いと思いました。
迷路や探し遊びやクイズとありますが,イラストだけでも十分見応えあります!
たくさんの水の中に住む生き物たちが美しく描かれていますよ☆
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はなびのひ
    はなびのひの試し読みができます!
    はなびのひ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    江戸の町並みと大輪の花火が夏の風情を感じさせる、たしろちさと初の和風絵本

香川 元太郎さんのその他の作品

忍者の迷路 / ブラックライト絵本 光の杖 不思議な国を大冒険 / ポケット版 乗り物の迷路 / ポケット版 動物の迷路 / おもちゃの迷路 / ポケット版 宇宙の迷路

武田 正倫さんのその他の作品

学研の図鑑 第15巻 LIVE 深海生物 / はっけんずかん うみ 改訂版 / 学研の図鑑LIVE 第10巻 水の生き物 / 深海生物大百科 / ポプラディア大図鑑WONDA 水の生きもの / 増補改訂 魚・貝の生態図鑑



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

水の国の迷路 水族館から川、海、深海の旅へ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット