まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
どろだんごと たごとのつきまつり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どろだんごと たごとのつきまつり

  • 絵本
作: 飯野 和好
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年09月10日
ISBN: 9784776407348

3歳から
22×21p 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

「いねかりがおわり ほっかりほっかりといねをほすと 田んぼはゆっくりおやすみだ」

おじいさんは、稲刈りの終わった田んぼの泥で泥だんごを作ります。
月の出た夜、「たごとのつき」を祝うために泥だんごは動きだし、田んぼの生きものたちと歌いはじめます。

「はあー おらが田んぼのおまもりこぞう つるんとうまれた泥だんご ほいっ どんどろどん つるんつるん」

ところがそこへ、田んぼの妖怪どろたぼうが現れて─

泥だんごと田んぼの生き物たちのお祭り騒ぎが、なんともにぎやか!
思わず節をつけて音読したくなる、ゆかいな歌が楽しい一冊です。

タイトルにある「たごとのつき」とは、漢字で書くと、「田毎の月」。
稲の刈り終わってまっさらになった田んぼのひとつひとつに、月が映りこんで光る幻想的な光景のことをそう呼びます。

泥だんごが主人公の本作、一見地味な印象のページが続きます。
ところが、田毎の月が現れる場面になると、その印象がすっかりくつがえされてしまうのです。

夜空に溶けるような色合いの満月と、淡く明るい田んぼの景色。
それらをいっそう輝かしく鮮やかに演出する、泥と月との色合いのギャップをぜひ楽しんでください。

ところでひどく無粋なことをいうと、田毎の月と聞いて想像するような、大きな田んぼのそれぞれに月が写りこむ瞬間を見るというのは、科学的にむずかしいそうです。
では、多くの俳人が句に詠み、画家が絵に描いた、本作にも登場するその光景の正体はなんなのでしょう?

つまり田毎の月とは、深まる月夜のうつろいを、一瞬に凝縮した光景─
あるいは、満月の夜の散策を、一枚に編み上げた光景なのです。

本作をきっかけにして、日本という国土ではぐくまれてきた昔の人々の感性について話すのも、いい学びになるのではないでしょうか。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

今年も米がよくとれた。ありがとう。田んぼの土に感謝をこめて、ますきちじいさんが作った「どろだんご」。そんなある夜のこと、月の光に照らされたどろだんごに命がやどります。田んぼの生きものたちとともに歌い踊るどろだんご…。
自然への感謝と喜びがいっぱいの、豊かな祈りと命のおまつりを、飯野和好が幻想的に描いています。

ベストレビュー

仲秋の月

作者の祖父からの伝え聞きが基になって作られた作品のようですね。
稲刈り後の田んぼに、仲秋の月が映り込む景色のことが、田毎(たごと)の月。
稲刈りを終えたますきちじいさんが作って田んぼに供えたのはどろだんご。
そのお守りが、夜に踊りだすというから仰天です。
もちろん、田んぼの生き物たちも一緒です。
後半は意外な悪役も登場しますが、お月さまの説教で一件落着。
田んぼを大切にしなくては、と考えさせられる展開です。
稲刈りの頃に、幼稚園児くらいから、どうぞ。
(レイラさん 50代・ママ 男の子22歳、男の子20歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


飯野 和好さんのその他の作品

DJ YOYO / ふようどのふよこちゃん おやまはだいじ / スサノオ 日本の神話 / めしくわぬにょうぼう / 灰屋灰次郎 灰はございー / はやくちことばで おでんもおんせん



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

どろだんごと たごとのつきまつり

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット