新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
くろくまくん ぴかぴか はみがき

くろくまくん ぴかぴか はみがき(くもん出版)

くろくまくんといっしょに、たのしくはみがき習慣を身につけよう!

  • 役立つ
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ
ぱれーど

ぱれーど

  • 絵本
作: 山村 浩二
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2015年09月24日
ISBN: 9784061332744

21×21cm 32P

みどころ

とんとんとん ぼくが たいこを たたいたら
みんな めが さめ おきあがる

小さな男の子「ぼく」が、たいこをたたくと、ボールも、くまのぬいぐるみもコップも、

にょきにょき にょきにょき あしが はえ
どんどこ ずんずん あるきだす

行進には、ニンジン、ぞう、くじら、クレヨンや数字もついてきます。
小さなもの、大きなもの、生きているもの、普段動かないもの、記号、何だかよく分からないフワフワにグニャグニャも、何から何までいろんなものが、にぎやかに加わっていきます。
あんなものや、こんなものまで・・・?!
この、「ぼく」がひきつれる壮大なパレードは、進むうち、思いがけないことにも遭遇します。
けれどもパレードは、とんとこ、ずんちゃか、また行進を続けるのです。

日本を代表するアニメーション作家であり、『おやおやおやさい』(福音館書店)など、たくさんの人気の絵本を出版されている山村浩二さん。
オリジナル絵本としては、こちらの『ぱれーど』が初の作品となります。
時代も場所の枠も超えて練り歩くパレード。
世界のありとあらゆるものを巻き込んで、前へ前へ楽しそうに進む赤ちゃんの姿の、なんと希望に満ちていることでしょう。
読みながら、リズムにのって一緒に進んでいるようなワクワクと多幸感を味わえます。
パレードの隊列のなかからいろんなものを見つけて指さしたり、物の名前を呼んだり、名前をつけてみたりするのも楽しいですね。

いっぱいパレードで遊んだ「ぼく」。最後は眠くなってきて・・・。
「きょうは おしまい また あした」と終わる、おやすみ前にもぴったりの一冊です。

(掛川晶子  絵本ナビ編集部)

ぱれーど

出版社からの紹介

たいこの音に導かれた子どもが、、前に前にどんどんと進んでいくと、見たことのない時代、場所で、動物のような、文字のような不思議なものたちと出会っていきます。
稀代のアニメーション作家がかきおろしたしなやかで力強い絵本の誕生です!

ベストレビュー

パレードの楽しさ

アニメーション作家でもある作者による作品。
それだけに、音や動きを感じました。
赤ちゃんが目覚め、太鼓をたたいてパレードを始めると、
いろいろなアイテムがそれに続くというストーリー。
そのラインナップが実に豊かです。
動きそうでない物には、足が生え、
時空を超え、???の物だって。
この包容力に圧倒されます。
でも、ほら、どう考えたって、楽しそうです。
一番前の僕と、一番後ろの僕?
そう、パレードには終わりがあるのです!
だからこその、充足感。
脱帽です。
幼稚園児くらいから、感覚的に楽しめそうです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山村 浩二さんのその他の作品

くしゃみおじさん / またまたうそだあ! / 妖怪一家 九十九さん 妖怪たちと秘密基地 / 講談えほん 西行 鼓ヶ滝  / おおかみさんいまなんじ? / 妖怪一家九十九さん(8) 妖怪一家のウェディング大作戦



『とびだすえほん たべるのだあれ?』すぎはらけいたろうさんインタビュー

ぱれーど

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット