にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おさるのれっしゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おさるのれっしゃ

  • 絵本
文・絵: 牛窪 良太
出版社: アリス館 アリス館の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2015年10月22日
ISBN: 9784752007272

2歳〜
32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

「なんてぜいたくな絵本だろう!」
そう感じさてくれる、読み応えバツグンの一冊。

バナナ色の帽子に、まっかなオーバーオールがおしゃれな、おさるの車掌さん。
客車をまわり、どうぶつたちからキップ代わりのバナナを集めます。

とある客車には、ツノの生えたどうぶつたちばかり。
よくよく見ると、いちばんうしろにちいさなお客さん。
ちいさなツノをふりかざし、おおきなバナナをよっこいしょ。

食堂車だってあるんです。
バナナ料理のフルコース。
あざやかな黄色をほおばる、まあるいふとっちょなお客さん。

1ページ目からかわいさバクハツ!
どことなくシュールな印象の、独特な画風がなんともクセになる愛らしさです。
線路をゆくなかですれちがう、列車にのっていないどうぶつたちにも注目してみてください。
どのページをとってもカラフル、すみずみまでキュートな一冊。

さて、終点に到着したおさるの列車は、車庫でひとやすみ。
いれちがいに出てゆくのは、まっかな色の列車。
列車を走らせているのは、どうやらおさるたちだけではないようです。
いったいだれが走らせているのでしょう?
かわいい車掌の正体は、読んでからのお楽しみ・・・

(堀井拓馬  小説家)

おさるのれっしゃ

出版社からの紹介

おさるのれっしゃのきっぷは、バナナ。車掌さんは、客車をまわってきっぷを集めます。
車両ごとに、ぎゅうぎゅうに入った大きなゾウ、小さくて「団体割引」を要求するアリ、恐そうなライオンなど、ユニークなお客さんがいっぱい。

ベストレビュー

バナナの切符

おさるの切符は、バナナでしたが、安城のデンパークでは、汽車がてんぷら油で走っているので、使用済みの500MLの廃油をもって4歳の孫と乗ってきました。(勿論お金でも、乗れます)先日行ったばかりなので、孫のくいつきもよかったし、凄く喜んで聞いてました。おさるの列車にも、バナナを持って乗りたいと言ってました。絵もカラフルで、動物たちも観察できて楽しんでました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


牛窪 良太さんのその他の作品

おすしのうた / ポッチのかんがえてること / ガボンバのバット



大切なたからものを、王さまと一緒に探してください

おさるのれっしゃ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット