くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
みんなのおばけ小学校
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

みんなのおばけ小学校

  • 児童書
作: 市川 宣子
絵: 石井 聖岳
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年10月30日
ISBN: 9784333027170

小学校中学年から
A5判 96ページ

出版社からの紹介

入学式の記念写真におばけが写ってしまった桜小学校。
「おばけ小学校」と呼ばれ、次々と生徒が転校してしまい、廃校の危機に!
写真に写ったおばけたちの意外な正体とは…?!

みんなで学ぶことの楽しさ、昔ながらの体を使った遊びの大切さなど、教育の原点を見つめなおす作品です。

みんなのおばけ小学校

みんなのおばけ小学校

ベストレビュー

かほる先生とたのしい同級生のおばけたち

子どもが減ってっ来たことによる過疎化、子ども同士の見えないイジメ、学校が選択できるようになった反面、これといった特徴のない学校やよくない噂のある学校への入学希望者の減少。
この作品は、そういった悪いものが重なって学校在籍生徒がたった5人になってしまった過疎地での、定年間際の女性校長「花野かほる」先生と、おばけたちがまったりと(笑)奮闘する“学校って楽しいぞ”って、思えるお話です。

ここに登場するおばけは、みんなかほる先生の元同級生。
おばけなのに生き生きしていて、自分の特技で小学校に通う子どもたちを上手にサポートしていきます。

テンポがよく読みやすいです。石井聖岳さんの挿し絵はどのページも面白かったです。わたしは特に“ごんちゃん”が好きでした。

たくさんの子どもたちに読んでもらいたいですし、この本は小学校の先生たちにも読んでもらいたいなって、思いました。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子21歳、女の子17歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


市川 宣子さんのその他の作品

ランドセル名作 3つのごちそう /ヘンゼルとグレーテル きつねとつる ころころパン / 創作児童読物 ケータイくんとフジワラさん / くじらのくじらん / きょうりゅうがすわっていた / るいくんとおばけくん / 11月のおはなし どんぐりカプセル

石井 聖岳さんのその他の作品

たんじょう会はきょうりゅうをよんで  / こんやはてまきずし / おともだちできた? / だんご屋政談 / ことばあそびレストラン / のってる のってる



お母さんたちに大人気!心が軽くなる「気付き」の絵本

みんなのおばけ小学校

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット