しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
カタッポ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カタッポ

文: 大原 悦子
絵: 山村 浩二
出版社: 福音館書店

作品情報

発行日: 2014年01月

5歳〜6歳向き
32ページ/20X27cm (こどものとも 2014年1月号)

出版社からの紹介

カタッポとは、片方だけ落とされた手袋のこと。持ち主を探すため、カタッポたちは人知れず、駅の落とし物箱を抜け出しました。彼らをどんな運命が待っているのでしょうか? 本作は福音館書店創立60周年を記念した「絵本にしたいお話」原稿募集の採用作品です。新しい才能による、胸躍る物語をご堪能ください。

ベストレビュー

カタッポさんの運命

カタッポさんは、かたっぽだけ落とされた手袋のことです。

燃えるゴミとして処分されてしまうことを知ったカタッポさんたち

5人が、持ち主を見つけるために脱出します。

Kと書かれた茶色の手袋は、パンやでパンを買いに来たK君の

元へ、緑色の手袋はお洒落な女の人の元へ、ピンキーは、おじ

ぞうさんの手をあたためることに、デカさんは、カラスの子どもた

ちをあたためることになりまいた。そして、最後に残ったレッドは

毛糸玉になってしまったれど、編みなおされておじぞうさんの

帽子になりました。嬉しいことに、おじぞうさんの手には、ピンキー

がはめられてました。その上には、カラスの巣があって、デカさん

がいました。仲間と一緒で、嬉しくなりました。カタッポさんにして

しまった手袋・靴下・靴などの行方が、どうなったのかなあと思い

ました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

出版社おすすめ


大原 悦子さんのその他の作品

ケロリンピック

山村 浩二さんのその他の作品

講談えほん 西行 鼓ヶ滝  / おおかみさんいまなんじ? / くだもの だもの・ おやおや、おやさい・おかしな おかし 3冊セット / 妖怪一家九十九さん(8) 妖怪一家のウェディング大作戦 / ぼくが いちばん! すごいでしょ / ミジンコでございます。


絵本ナビホーム > > カタッポ

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

カタッポ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット