季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
まげすけさんとしゃべるどうぐ

まげすけさんとしゃべるどうぐ

作・絵: 太田 大輔
出版社: 福音館書店
  • Line

作品情報

発行日: 2014年06月01日

5歳〜6歳向き
32ページ/26X19cm (こどものとも 2014年6月号)

出版社からの紹介

まげすけさんは江戸の髪結い。大事に扱っていたどうぐたちが、ある日突然しゃべりだした! しゃべるどうぐを連れた髪結いはたちまち町で評判になりますが、見世物小屋のよくばりわるべえがなにやら企んでいる様子……。江戸を舞台にした、活きのいい活劇風絵本です。

ベストレビュー

道具を大切にしよう

道具に話しかけて大切にしていると、道具たちも心を持つのでしょうか。
まげすけさんと話をするようになり、まげすけさんを護ろうとする道具たちの活躍に、改めて道具をぞんざいに扱うことの戒めを感じます。
道具たちを見世物にしようとした、欲張りわるべえたちのような気持ちは誰でも持っているような気がしました。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

太田 大輔さんのその他の作品

絵本 江戸のくらし / 絵本 江戸のたび / 千びきおおかみ 日本のこわい話 / 絵本 江戸のまち / カラクリ江戸あんない / 鬼の子太郎


絵本ナビホーム > > まげすけさんとしゃべるどうぐ

4月の新刊&オススメ絵本情報

まげすけさんとしゃべるどうぐ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット