新刊
ぱんつさん

ぱんつさん(ポプラ社)

ずぼずぼずぼっとあらわれた、ぱんつさん。いっちに、いっちに、たいそうをはじめるけど…。想像を超える展開がクセになる本。

話題
トリック オア トリート!

トリック オア トリート!(くもん出版)

おかしくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ! 仮装した4人組は、次々におもしろい家を訪れます。楽しいハロウィン絵本!

  • 全ページ
あの花火は消えない
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あの花火は消えない

  • 児童書
著: 森島 いずみ
絵: 丹地陽子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あの花火は消えない」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年10月
ISBN: 9784037271909

小学5・6年生から
20cm×14cm 142ページ

出版社からの紹介

母親の長期入院のため、小学5年生の原口透子は、若狭湾の小さな町で日用品店を営んでいる祖父母と暮らすことになった。そこのはなれに「ぱんちゃん」とよばれる自閉症の青年が引っ越してくる。彼は絵が得意で、なぜか海の近くの坂道ばかりを描いている。そんなぱんちゃんに興味をいだきはじめる透子。彼女も現実世界に自分の身の置き場をさがしていた。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森島 いずみさんのその他の作品

ずっと見つめていた / まっすぐな地平線 / パンプキン・ロード(ティーンズ文学館)

丹地陽子さんのその他の作品

講談社青い鳥文庫 ナイチンゲール 「看護」はここから始まった / きみに、にゃあと鳴いてやる。 わたしが猫になった67日間 / 薫風ただなか / 星を見あげたふたりの夏 / ポプラ世界名作童話(16) オズの魔法使い / 透明犬メイ



ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

あの花火は消えない

みんなの声(1人)

絵本の評価(3

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット