話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
シロガラス(4) お神楽の夜へ

シロガラス(4) お神楽の夜へ

  • 児童書
著: 佐藤 多佳子
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2015年11月18日
ISBN: 9784037502409

小学5・6年生から
19cm×13cm 327ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

雪気から、リサンダール星人のことや雪花の像が奪われたいきさつを聞きだした千里たちは、森崎古丹が眠るコールドスリープ装置をさがそうとする。神社の古い記録に興味をもった数斗は、地元の郷土史研究会に入ることに。そして、ついにむかえるお神楽の夜。子どもたちは“清く”舞うことができるのか。そのとき青い光はあらわれるのか。

ベストレビュー

SFになっちゃったよ!

珍しく続刊も読んでいるシリーズ。
神社での奉納舞から始まって、なぜか神社創設者がコールドスリープから目覚める宇宙人というわけのわからん展開に読まされている。
が、まだ続くか。
今回はようやく舞が奉納され、どうなるかとヤキモキしていたのが結末を見られて良かった。

プロローグがまったくSFで、神話をベースにした日常ファンタジーかと思わせておいて、どこをどう繋げてこんなスタートレック然としたSFになるのか。
途中古文書解読まで出てきて、登場人物も言っているが、理系と文系の融合が目的か。
宗教観念がすべて宇宙へ繋がることを描くのかなあ。それなら神道より仏教の方が語りやすいだろうに。
宇宙と宗教が結びつくのが今のところの予想だが、いったいどこへ着地するのだろうか。次巻お待ちしております。
(てぃんくてぃんくさん 40代・せんせい 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


佐藤 多佳子さんのその他の作品

シロガラス(5) 青い目のふたご / シロガラス(3) ただいま稽古中 / シロガラス(2) めざめ / シロガラス(1) パワー・ストーン / 聖夜 / 第二音楽室


絵本ナビホーム > 一般 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > シロガラス(4) お神楽の夜へ

2月の新刊&オススメ絵本情報

シロガラス(4) お神楽の夜へ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット