宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
だーれもいない だーれもいない
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だーれもいない だーれもいない

  • 絵本
作: 片山 健
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「だーれもいない だーれもいない」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年09月
ISBN: 9784835452357

220×210mm 24 頁

出版社からの紹介

片山健の“幻の「コッコさん」絵本”が、ついに復刊!
小さなお子さんを持つお母さん、必読の一冊!

『タンゲくん』『きはなんにもいわないの』など、数々の名作で人気の絵本作家、片山健。その片山の代表的シリーズ「コッコさん」絵本の中の一冊。
5作あるシリーズのうち、本書だけが、手に入れられない“幻の「コッコさん」絵本”でした。このたび、読者の熱い期待に応えて、復刊がついに実現します!

静かな日常のひとコマのなか、子どもの不安な気持ちを絵と文で、見事に表現。コッコさんの想いに、思わず目頭が熱くなります。
小さなお子さんを持つお母さんたちに、ぜひ読んでほしい一冊です。

▼あらすじ
コッコさんがお昼寝から目覚めると、家のなかは空っぽ。だーれもいません。
お庭に出たコッコさんに、空も雲も鳥も「だれもいないの?」と聞いてくれるけど…。
コッコさんはひとりぼっち。

※本書は、1983年・福音館書店刊『だーれもいない だーれもいない』を再編集して復刻するものです。

だーれもいない だーれもいない

だーれもいない だーれもいない

ベストレビュー

なつかしいコッコさん

とてもなつかしいコッコさんの絵本です。お昼寝から目覚めたコッコさんが、周りには誰も居なくて心細い気持ちがとても素直に表現されている絵本です。当たり前のように、いつも傍にいてくれるおかあさんがいないとどうしょうと思ってしまうんですね・・・・・・
おかあさんをみつけたときに今まで我慢してきた気持ちが一気に爆発して安心して泣けてしまったコッコさんが、こどもらしくて可愛いと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


片山 健さんのその他の作品

なっちゃんの なつ / とんねるをぬけると / あったかいな / きはなんにもいわないの / ぼくからみると / とくんとくん



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

だーれもいない だーれもいない

みんなの声(5人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット