宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
森に生きる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

森に生きる

  • 絵本
文: 立松 和平
写真: 江本守男・高野康男・田中洋一・菊地和義
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,262 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「森に生きる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年06月
ISBN: 9784062064545

A5/46ページ

出版社からの紹介

密猟者のしかけたワナをはずし、日光の野生動物をたすけつづける江本さんと、なかまの人たち──ある年の冬、大雪の山のなかでたすけられた子ジカと、江本さんの、感動の物語。

ベストレビュー

共存

地球上で、一番身勝手なのは人間なんだなあとは思うのですが
ならば、どうやって生きていけばいいのか・・なかなかいい
答えをみつけることが私にはできません。
森や、山里で起きている問題についても・・。
動物達が暮らす土地を奪っていったのは人間で。奪われた動物達は
そのために里までおりてこなければならなくなったり。
すべての生き物がしあわせに暮らすことができたらいいのになあと
この本を読んでいても思いました。
立松さんの優しい語り口と、江本さんや高野さんらの、美しい(時
には残酷な)写真がいいなあと思います。
(ぽこさんママさん 40代・ママ 女の子8歳)

出版社おすすめ

  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    雪が降るとだれもがくちずさむあの歌が、はたこうしろうさんのイラストで絵本になりました。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

立松 和平さんのその他の作品

新・今昔物語絵本 鬼のかいぎ / 牧場のいのち / 木のいのち / 川のいのち / 田んぼのいのち / 街のいのち



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

森に生きる

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

ママの声 1人

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット