宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ルルとララのおかしやさん(20) ルルとララのミルキープリン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ルルとララのおかしやさん(20) ルルとララのミルキープリン

  • 児童書
作・絵: あんびる やすこ
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年09月30日
ISBN: 9784265067299

小学校低学年
A5・72ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ママねこから、むすめのスノーウィのおたんじょうび会ようのお菓子を作ってほしいと頼まれたルルとララ。
スノーウィは、あたまのさきからつまさきまで、まっ白な毛皮の白ねこですが、スノーウィは自分の毛の色が気にいらず、はずかしがっています。
スノーウィがじぶんの毛の色を好きになれるような、「まっ白」だけどすてきなケーキをつくろうと、ルルとララはミルクプリンにチャレンジします!

ベストレビュー

視点を変えれば短所も長所に

自分の白い毛色が嫌いなネコのスノーウィーのために、ルルとララがバースデーケーキを作るお話です。スノーウィーに喜んでもらえるケーキはどんなケーキなのか、どうすれば白い毛が素敵だと気付いてもらえるのだろうかと一生懸命考えるルルとララの姿に心温まります。自分にいまいち自信がもてない子にぜひ読んでもらいたい本です。
(花ズッキーニさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あんびる やすこさんのその他の作品

ムーンヒルズ魔法宝石店(3) 歌姫フィニーと魔法の水晶 / 魔法の庭ものがたり(23) 100年ハチミツのあべこべ魔法 / ムーンヒルズ魔法宝石店(2) 空色トパーズとあたらしい友だち / ルルとララのおかしやさん(25) ルルとララのおまじないクッキー / なんでも魔女商会(26) らくだい記者と白雪のドレス / ムーンヒルズ魔法宝石店(1) 魔女パールと幸運の8つの宝石



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

ルルとララのおかしやさん(20) ルルとララのミルキープリン

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット