ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
おねえちゃんにあった夜
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おねえちゃんにあった夜

  • 絵本
文: シェフ・アールツ
絵: マリット・テルンクヴィスト
訳: 長山さき
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年09月30日
ISBN: 9784198640170

5歳から
26cm・48ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

ある日、主人公「ぼく」の耳に届いた、ふしぎなささやき声。
「ねえ、あたしのおとうと!」
それは、ぼくが生まれる前に亡くなった、お姉ちゃんの声だった。
「いっしょにいこうよ」
「夜になったら、むかえにくるからね!」
お姉ちゃんの声に誘われて、ぼくはその夜、
お姉ちゃんと一緒に、自転車で出かけて行った……。

ベルギーの作家シェフ・アールツが自身の子どもの頃の経験を元に描いた本作は、
亡くなった姉と弟の一晩の冒険を通して、
大切な人を亡くした悲しみに暮れる人々の心にそっと寄り添うように、
静かに物語を紡いでいきます。
そして、画家マリット・テルンクヴィストの手によって描かれた
幻想的な雰囲気が漂うファンタジー世界は、
この世ではない美しさと悲しさを醸しながら、
どこか明るく、優しく幼い姉弟を包み込んでいるように感じます。

オランダの銀の石筆賞、ベルギーのボッケンレーウ賞を受賞し、
国内外に高く評価された絵本がついに日本でも発売となりました。

「死」について考えるとき、そっとそばに置いておきたい一冊です。

(木村春子  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

おねえちゃんはぼくが生まれる前に亡くなった。だからぼくは、おねえちゃんにあったことがない。でもある日、ぼくはふしぎな声をきいた。「ねえ、あたしのおとうと! 今晩いっしょに、自転車ででかけようよ」そして夜になると、ほんとうにおねえちゃんが現れて…? 子どもが「死」を受け入れていく過程を、詩的な文章と叙情的な絵で描き出し、ヨーロッパで大きな話題を呼んでいる絵本。オランダ・銀の石筆賞、ベルギー・ボッケンレーウ賞受賞作。

ベストレビュー

詩情豊かな絵本

自分が生まれる前に死んでしまったお姉さんに寄せる思いが、素晴らしい絵で詩情豊かに表現されていて、メランコリックでありながら、不思議な幻想の世界の旅をしているような気がしました。
それは少年自身が、死というものを実感していなくて、お姉さんへの憧れが夢の中で繰り広げられるからでしょう。
死に関わる場所を訪れながら、悲しみがないことが、少年の立場なのです。
ただ、朝になってお姉さんのいなくなったベッドに、いくらかの寂寥感が残りました。
少年はこのようにして、死を学んでいくのですね。
味わい深い絵本でした。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マリット・テルンクヴィストさんのその他の作品

しあわせの島へ / ファビアンのふしぎなおまつり / 小さな小さな魔女ピッキ / 赤い鳥の国へ / 夕あかりの国

長山 さきさんのその他の作品

ゆきのひに あえたら / 母が作ってくれたすごろく ジャワ島日本軍抑留所での子ども時代 / きげんのいいリス / ハリネズミの願い


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > おねえちゃんにあった夜

【連載】第2回「鬼遊び」シリーズ 廣嶋玲子さんインタビュー

おねえちゃんにあった夜

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット