宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
角川つばさ文庫 ママは12歳
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

角川つばさ文庫 ママは12歳

  • 児童書
作: 山中 恒
絵: 上倉 エク
出版社: 株式会社KADOKAWA メディアファクトリー

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥640 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年09月15日
ISBN: 9784046314987

小学中級から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

田口(たぐち)らん子、12歳。小学6年生だけど、天国のママにかわって「ママ」やってます。だ・け・ど! 掃除(そうじ)に料理に洗濯(せんたく)に…毎日これじゃ、恋する時間もぜんぜんないっ! しかも弟たちがやんちゃすぎて、家の中はもうメチャクチャ。そこに最強の敵・はま子おばさんがのりこんできて…。はま子おばさんのねらいは、パパの妻(つま)になってわが家のお金をうばうこと。そんなこと、わたしがぜ〜ったいにゆるさないんだから!

ベストレビュー

たくましいらん子ママ

母を亡くし、12歳にして、学校に行きながら家事をこなし、弟2人の面倒を見るたくましいラン子ママ。たしかに儚い印象はありませんが、たいへんはたいへんですよね…。お父さんも早く人を雇ってあげてと思いながら読みました。
らん子の父親との再婚を狙う叔母さんもこれまたたくましいですね。というかここまでいくと訴えられるレベルのめちゃくちゃさです。
全然平気!っていうわけではないですが、暗くなく、読みやすく楽しい感じに書かれていますよ。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山中 恒さんのその他の作品

(101−1)まま父ロック / あばれはっちゃく ツーかい編 / 角川つばさ文庫 あばれはっちゃく -ワンぱく編- / 角川つばさ文庫 この船、地獄行き / 角川つばさ文庫 六年四組ズッコケ一家 / かぜのかみとこども

上倉 エクさんのその他の作品

うちら特権☆転校トラベラーズ!!



>絵本エイド ―こころにひかりを―

角川つばさ文庫 ママは12歳

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット