なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむしの試し読みができます!
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
マンモスとくらすには
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マンモスとくらすには

  • 絵本
著: カンタン・グレバン
訳: 青山 花
出版社: クレヨンハウス

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年09月
ISBN: 9784861012822

270×220mm

出版社からの紹介

家で動物といっしょに暮らしたい! 子どもはみんなそう思うもの。
でもそれがマンモスとなると……。うーん、ちょっとむずかしい?
マンモスと暮らすためには、いくつか守らなければならない、おやくそくがあるのです。
あたたかみのあるユーモラスな内容で、マンモスと暮らしたくなることうけあいです

マンモスとくらすには

ベストレビュー

どうやって家の中に入るの?

マンモスと暮らすにはの注意点が、

  その1 どこへでもいっしょにいくこと。
  その2 よふかしは させないこと。
  その3 えいようたっぷりのごはんをあげること。
  その4 せいけつに すること。
  その5 てあてはやさしくする。
  その6 うんどうさせること。
  その7 トイレをおぼえさせること。
  その8 いっぱいあそんであげること。
  その9 おでかけすること。
  その10 げいじゅつもだいじにすること。

おばちゃんが、あっけにとられてマンモスを眺めているのが印象に残りました。ありえないことですが、ユーモアがあって面白いなあと思いました。ペットみたいにいとも簡単に考えてる男の子にマンモスの可愛いお人形が置いてあるのも気になりました。ありえないですが、「どうやって家の中に入るの?」と、考えてしまう私でした。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


カンタン・グレバンさんのその他の作品

ナイチンゲール / おやゆびひめ / あ〜っ! / まだまだつづきがあるのです / ねぇママ、どうしてきょうりゅうはがっこうへいかないの? / したて屋リセロット

青山 花さんのその他の作品

ちいさなじけん / だっこ だっこ



友達のように仲良くなった坊やとライオンのやさしい物語

マンモスとくらすには

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.15

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット