宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おしゃれさんの茶道はじめて物語(1)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おしゃれさんの茶道はじめて物語(1)

  • 児童書
作: 永井 郁子
出版社: 淡交社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2013年10月
ISBN: 9784473038951

A5判 80頁(カラー40頁)

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おしゃれ大好き女子の「まっちゃん」は、お茶の稽古を始めました。ある日、ささいなことから友だちとけんかに。もやもやしたままお稽古に行ったまっちゃんは、お点前の最中、何かのはずみでタイムスリップ、平安時代のお姫様にお茶をふるまうことになりました。でもよく見ると、そのお姫様はけんかした友だちにそっくりで……。人を思いやることの大切さをお茶から学んだまっちゃんの体験を通じ、茶道の魅力をわかりやすく伝える児童書です。裏千家茶道教授の監修のもと、薄茶平点前の具体的な内容もわかります。

ベストレビュー

お茶のお稽古

お茶のお稽古をはじめたおしゃれ大好きなまっちゃんのお話。
なかなか本を読んだだけでは覚えられないは思いますが、茶道に興味ある子にどうでしょう?
友達とけんかしてしまったまっちゃん。
茶道で大切なのは思いやりの心ということを学んだようですよ。
シリーズで出ているようなのでまた続きも読んでみようと思います。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

永井 郁子さんのその他の作品

やきいもやゴンラ / わかったさんとおかしをつくろう!(全3巻セット) / わかったさんとおかしをつくろう!(1) わかったさんの こんがりおやつ / わかったさんとおかしをつくろう!(3) わかったさんのふんわりケーキ / わかったさんとおかしをつくろう!(2) わかったさんの ひんやりスイーツ / おしゃれさんの茶道はじめて物語(4) たけとり編



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

おしゃれさんの茶道はじめて物語(1)

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット